コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 表現せずには、いきられない 『朝のポエム』誕生秘話 第三回(作家:三橋由紀子)  

コラム

表現せずには、いきられない
『朝のポエム』誕生秘話 第三回(作家:三橋由紀子)

 

ある会社からジョセフ・マーフィーのプログラムを購入して聴くようになりました。

マーフィーのプログラムを聴くとうつ病の発作が治まりました。

そして、ついてることが増えました。

 

プログラムの会社のセミナーに参加したら、言葉が前向きでないと幸せになれないとの事でした。

私は無意識に悲観的な言葉を使っていることを指摘されました。

 

そういえば子供の頃、両親が朝からけんかをして

罵りあっている言葉を聴いてから、学校に行ったらひどくいじめられたなあ。

 

それからそのセミナーの講師から

「三橋さんは詩を書く才能があるから詩集を出版してお金持になった らいいよ」 と言われました。

 

ええっ!

私が本を出版する?

うそでしょ?

 

第四回はこちら

第二回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント