制作実績

教育現場の光と闇~学校も所詮〔白い巨塔〕~

公立中学校の「もう一つの現実」を暴き出す

ジャンル
教育・学参・受験
シリーズ
新刊
著者
小林宣洋・著
ISBN
978-4-344-93191-6
判型
4-6・200ページ
出版年月日
2021/1/12
価格
1000円+税

目次

第1章 中学時代の〔管理主義〕体験
    ──「頭が固くなってるんですよ」
第2章 教員養成大学のはずが
    ──東京学芸大学でのぐだぐだな日々
第3章 最初の講師体験
    ──H高校での葛藤
第4章 男子全員坊主の学校
    ──F中学校での〔管理主義〕
第5章 新規採用は養護学校
    ──S養護学校で培われた「反体制精神」
第6章 絶海の孤島に赴任して
    ──R中学校での迷走
第7章 山やま間あいの極小規模中学校にて
    ──O中学校における学校文化考
第8章 京都大学の臨床教育学と出会って
    ──入り口は河合隼雄先生だったが……
第9章 全島避難からの帰島に立ち会って
    ──M中学校での迷走
第10章 体罰もみ消し校長との因縁
    ──S島中学校での困惑
第11章 荒れた学校に送り込まれて
    ──T中学校での明と暗
第12章 希望を無視され、飛ばされた学校で
    ──H中学校でのあれやこれ
第13章 学校の〔ブラック化〕に対抗して
    ──S中学校における戦い 
おわりに──「教育」の効果はいつ、どこで、どんな風に? 

内容紹介

「いじめ」「体罰」「パワーハラスメント」、それらの隠蔽……多くの問題を孕んだ学校現場。
京都大学で臨床教育学を研究した〝異端者〞が、闇に蠢く「問題の所在」の解明に立ち向かった奮闘記。

新任研修で教育委員会指導主事から教わったのは、事故のときに生徒を救う方法……ではなく、「生徒を犠牲にしてでも裁判に負けない方法」だった――。
実体験に基づいた様々な問題を振り返りながら、現代の教育界に一石を投じる書。

各章には、学級通信「ホッと一息」を収録

■著者紹介

小林宣洋(こばやしのぶひろ)
1964年東京都品川区のキリスト教会(プロテスタント)に生まれる。父は牧師、母は幼稚園教諭。1988年東京学芸大学教育学部保健体育科卒業。2校の非常勤講師を経て、1989年東京都公立学校に新規採用される。14年間の教員生活の後、2年間休職して、京都で研究・修養に勤しむ。2005年京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻修士を修了し、公立中学校教員に復帰。2010年『学校現場の《日常》における事例の見立てと語り直し─「生きられた教育言説世界」のゆらぎの中で─』、2016年『臨床教育学的省察への臨床教育学的省察─ある一つの事例をめぐる10年にわたるリライトの試み─』を教育哲学会で発表し、好評を博す。

テキストのコピーはできません。