コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 絵本と楽しむクリスマスイベント3選

コラム

絵本と楽しむクリスマスイベント3選

 

今年もクリスマスシーズンがやってきました。クリスマスマーケットやクリスマスコンサートなど、イベントが各地で開催されていますが、その中でも注目なのが「クリスマス絵本」にまつわるイベントです。

今回は、ひとりでも、家族でも、カップルでも楽しめるクリスマス限定の絵本関連のイベントを3つご紹介します。

 

絵本の森のクリスマス

 

福岡市の公共施設なみきスクエアでは、「なみき絵本ギャラリー」を常設しています。
現在、その拡大版として、「絵本の森のクリスマス」を開催しているようです。
約100 冊のクリスマス絵本の展示や読み聞かせが行われます。
ひとりで読書の時間をゆっくりと楽しむのもよし、お子さんを連れて家族で楽しむのもよし、ですね。

 

詳細はこちらから

 

絵本が読めるカフェ&バークリスマスイベント

 

池袋にあるカフェ&バーSTORYは、物語の主人公たちのその後、をテーマにしたコンセプトカフェです。
12月はクリスマスパーティーイベントを開催し、「店内がクリスマス絵本に大変身!」するそう。
その他にも12月はイベントがたくさん予定されているようです。
詳細は公式ホームページより確認できます。

 

詳細はこちらから

 

クリスマス絵本読み聞かせイベント

 

 未来屋書店幕張新都心店では、絵本作家さんを招いてイベントを開催予定です。
「100にんのサンタロース」「サルくんとバナナのゆうえんち」などで人気の絵本作家、谷口智則氏が登壇予定。
「100にんのサンタクロース」の読み聞かせや、サイン会を行うそうです。
当日は整理券が配布されますが、念のため予約しておくのがよいでしょう。
予約はホームページから可能です。

詳細はこちらから

 

以上、クリスマスを絵本と楽しむためのイベント3選をご紹介しました。
みなさんの近くの書店でも、わくわくするようなクリスマス限定イベントの開催が予定されているかもしれません。
チェックしてみてはいかがでしょうか。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント