コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 進化する図書館!本好きなら行くべき図書館3選(東京編)

コラム

進化する図書館!本好きなら行くべき図書館3選(東京編)

「図書館」という言葉を聞くと、静かでまじめなイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

もちろん、みなさんの街にもそんな図書館があるでしょう。しかし近年、本を楽しむための工夫が目一杯凝らされた、個性的な図書館が注目されています。

今回は、本好きならぜひ一度は訪れてみたい素敵な図書館をご紹介します。

 

東京都立北区立中央図書館

 

素敵な赤レンガの建物は、戦前の陸軍兵器工場だった施設を利用しています。
一方で館内には、Wi-Fiなど新しい設備やレストラン・カフェが充実しているのが魅力です。
テラスや中庭もあり、明るく開かれた空間になっているのも、この図書館が親しまれる理由のひとつではないでしょうか。

東京都立北区立図書館公式ホームページ

 

府中市立中央図書館

 

圧倒的な席数の多さと、モダンな建物が特徴です。
自習スペースの充実に加えてコインロッカーなどもあり、本をゆったり読めそうな空間です。
開館時間も22時までと比較的長いので、会社帰りでも気軽に立ち寄れるところに人気の秘訣があるようです。

府中市立図書館公式ホームページ

 

多摩市立永山図書館

 

全面ガラス張りの建物は、それだけで足を運ぶ価値があります。
電源などはなく、館内の座席数も少ないので仕事や次週にはあまり向かないかもしれませんが、借りた本を併設のカフェで読む人が多いようです。
仕事や買い物の帰り道にふらっと立ち寄りたくなる図書館です。

多摩市立図書館公式ホームページ

 

番外編:ソルトレイクシティ公共図書館

 

アメリカのソルトレイクシティの公共図書館は、6階建ての吹き抜けが気持ちの良い、広々とした図書館です。
有名な建築家のモシェ・サフディ氏が手がけた建物は、建築物としても評価されているようです。
蔵書が読めない海外からの訪問者でも、楽しめそうな空間になっています。

旅行で近くを訪れた際に、寄ってみるのはいかがでしょうか。

ソルトレイクシティ公共図書館公式ホームページ

 

以上、東京都内の特徴的な図書館をご紹介しました。
どれも身近にありながら、いつもとは違う気分で読書を楽しめそうですよね。

また、カテゴリー別に図書館を探せる「図書館なび」というサービスもあります。
個人の利用方法に合わせて、図書館を選べます。
ぜひ、活用してみてください。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント