コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 「本を楽しむ」イベント3選

コラム

「本を楽しむ」イベント3選

本のイベントには、サイン会、トークイベントなど、さまざまなものがあります。

今回は、一般の方も参加型で楽しめる珍しいイベントをご紹介します。

 

①B&B自由講座「文学の教室」

 

2014年7月に閉店した下北沢の書店「フィクショネス」。

店主である作家・藤谷治さんが開催していた自由講座「文学の教室」が同じく下北沢の書店B&Bで復活しました。

毎回、特定の小説ひとつを課題図書として、藤谷さんの解説と参加者とのディベートで構成されるこの講座は、作品の歴史的背景や著者略歴といった、誰でも調べられる学問的内容ではなく、「文学から何を学べるか」を考えていく講座です。

それ以外にも、新刊刊行イベントが続々開催されています。

よしもとばななさんのイベントなども開催予定のようです。

 詳細はこちらから

 

 

②未来屋書店「ウォーリーをさがせ!」

キッズ向けの本のイベントもあります。

全国の未来屋書店・アシーネでは、絵本「ウォーリーをさがせ!」にからめて、絵本から飛び出して店内に隠れているウォーリーを探す、というコンセプトでイベントが開催されました。

開催期間は9月17日(土)~10月10日(月)。

 

他にも、お仕事体験、お話し会など、お子さんが夢中になること間違いなしのイベントが目白押し。

一緒にチャレンジしてみてください!

 

詳細はこちらから

 

 

③蔦屋書店梅田店「これからはじめるデジタル一眼カメラ写真と撮影の新しい教科書」発売記念

~ストーリーのある写真講座~

 

関西では、蔦屋書店梅田店にて、やまぐち千予さんの新刊『これからはじめるデジタル一眼カメラ写真と撮影の新しい教科書』の発売記念として、“ストーリーのある写真講座”と題してセミナーを開催予定です。

 こちらの講座では本の内容を、写真家で関西を中心に写真講師として活躍中の、著者のやまぐちさん自ら講義。

本をお持ちでない方も、お持ちの方も受講することができるのが魅力です。

 

詳細はこちらから

 

以上、いかがでしたでしょうか。

このほかにも、書店ではさまざまなイベントがあります。

書店のイベントが自由に探せる情報サイト「本屋で.com」で、イベントの詳細を見ることができます。

 

気になるイベントがあれば、是非足を運んでみてください。

本の新しい楽しみ方が見つかるかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント