コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > やってはいけない!原稿に書くべきでないタブーな話/小説の書き方講座  

コラム

やってはいけない!原稿に書くべきでないタブーな話/小説の書き方講座

 

人の自慢や一般論をぺらぺらと話されるほど退屈なものはありません。それは原稿でも同じこと。原稿を書いているうちに気持ちが盛り上がって、ついそうした話へ脱線してしまっていませんか。

今回は、『書くべきでないタブーな話』と題して、読者に嫌われる原稿の内容例をご紹介していきます。合わせて、そうした内容にならないための対策もお伝えしていきます。

 

ただの自慢話はタブー!読者にとって快い・ためになる情報に変えよう

 

まず1つ目は、著者自身の自慢話を始めてしまうことです。
作品ジャンルでいうと自分史、ビジネス書、実用書、評論などに多く見られます。
自分史は過去の経験を元に書き上げるものですから、著者自身のスペック話や嬉しかった思い出などを書いているうちに、どうしても自慢話のような流れになってしまいます。
対策としては、スペック・思い出などによって自分がどう成長できたかを書き、過去の出会いに感謝する姿勢を示すことです。

また、ビジネス書や実用書も同じ流れになりがちですが、これには理由があります。
ビジネス書・実用書は、著者のスペックや過去の功績、専門性の高さなどを示すことが、内容の信憑性に直結するからです。これらを省くと単なる素人が書いた書籍に見られがちですから、入れないわけにはいきません。
対策としては、そうしたスペック・功績・専門性などを踏まえて、著者にしかない独自のノウハウを読者に提供することです。
「この人の本は読む価値がある。」読者にそう思ってもらうためには、一見自慢話に見える著者の話を、読者にとって価値のある情報として見せることに他なりません。

評論は、稀に自慢話が混じっているものを見かけます。
下手な評論は客観的な視点で論じることができなくなったとき、著者自身の知識・経験を元にした主観的な意見を述べようとします。そうした時に、ついつい自慢話が出てしまうのです。

「私は他の人たちと違って、●●を経験した(●●の知識を得た)。だから△△だと言えるのだ。」
これはもはや評論ではなく作文です。このような評論を見かけたときは注意してください。

 

一般論は語らず、最小限に

 

次に気をつけたいのは、一般論を語ってしまうことです。
書籍の魅力とは、それを書いた著者にしかない独自の価値観や世界観など、個性をいかんなく表現することです。ですから、その中で一般論を語ってしまうと作品の魅力が半減します。
一般論を何かと対比させ引き立て役のように使ったり、論じる上で一般論が必要になることもありますが、あまり分量が多くならないように注意しましょう。

また、「一般的に・・・」「世間では・・・」といった書き出しで一般論を語ることも控えましょう。大衆がよく使う、お決まりのセリフというイメージがあります。読者にとって聞き飽きた話から入ってしまうと、読み進めてもらえない可能性があるからです。

 

以上、書くべきでないタブーな話として、自慢話と一般論についてお伝えしました。どちらも気をつけていないと、ついつい書いてしまうものです。使い方によっては読者を幻滅させたり、また読者を強く引きつけることも可能ですが、慣れないうちは使用を控えるようにしましょう。

いずれにしても、原稿を読んだ読者がどんな気持ちになるのか?を想像しながら書くことをオススメします。

 
一覧に戻る

その他のコラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…
フォントを観察してみよう~明朝体編①~
普段本を読んだり、広告を目にしたり、ワードで文章を作成したりする中で書体(=フォント)を気にしたことはありますか? …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント