コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 2016年2月の自費出版ニュースまとめ(2)  

コラム

2016年2月の自費出版ニュースまとめ(2)

 

前回に引き続き、今月2件目の自費出版ニュースです。

級友6人と完成させた闘病記をはじめ、16年の調査の集大成、漢字の学習に役立つ一冊まで、それぞれ執筆は大変な苦労を伴いますが、それだけに満足度も高い仕上がりとなっています。必見のエピソード盛りだくさんです。

 

 

 

「当時の空気感伝えたい」1979年の東京を舞台に小説

 

1979年の東京を舞台にした小説「ワン・ディケイド・ボーイ」を、都産業労働局理事で東京国際フォーラム常務の澤章さわあきらさん(57)が自費出版しました。

70年代の薫りあふれる作品で、「当時の様子や空気感を伝えたい」と話している。都職員時代から作家活動を始め、07年にはマイホームを建てた経験を基に「からっぽのいえのつくり方『まちなか狭小住宅』は共働き子育て家族を救うか」、
11年には駆逐艦の艦長だった祖父を描いた「軍艦防波堤へ―駆逐艦凉月と僕の昭和二〇年四月」を出版しましうた。今回が3作目となり、物語は自身の20歳代前半頃の体験がベース。

(出典:読売新聞

 

がん闘病記 級友6人で出版

 

帯広や札幌などに住む帯広三条高校1970年卒の同期生6人が、それぞれのがんの闘病体験をつづった手記を一冊にまとめ、「がんと言われて」と題して自費出版しました。

中心となった須永俊明さん(64)=札幌、会社役員=は「2人に1人がなるといわれる、がん。自分たちの体験が周囲の参考、そして啓発になれば」と話しています。須永さんらは今後、同期生らに広く呼び掛け、第2弾の制作も計画しているとのこと。

(出典:十勝毎日新聞

 

「虚無僧尺八」魅せられ本に 16年かけて独自に調査

 

国分南在住の根田正己さん(79)が1月30日、江戸時代に多く存在した、経の代わりに尺八を吹く普化宗(禅宗の一つ)の僧侶「虚無僧」にスポットを当てた書籍を自費出版しました。

自らの足で全国を回り資料を集め、16年かけて書き上げた本には尺八や虚無僧の歴史がまとめられています。

尺八の発祥の地である和歌山県をはじめ全国各地を自らの足で調査。その街の郷土史などを探し、地域の人にインタビューを行うなど徹底的に調べ上げ、16年の歳月をかけて完成させました。

(出典:タウンニュース

 

日中の漢字違い一目瞭然 華僑5世が対照表出版

 

似ているようで微妙に違う日本と中国の漢字。この認識の差を埋めるため、小学校講師を務める華僑5世の女性が「ちがいがわかる対照表 日本の漢字 中国の漢字」を自費出版しました。

小中学校で学ぶ常用漢字2136字をすべてカバー。中国人の子どもや日本の教師のほか、中国人観光客を迎える店にも役立つそうです。

伊奈垣さんは「中国の子どもも日本人の教師も、違いが分かればスムーズに学習できるはず。いろいろな場面で活用してもらえれば」と話しています。

(出典:神戸新聞

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント