コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 認識と事象   著者:黒澤 明彦

コラム

認識と事象

 

著者:黒澤 明彦

 

本コラムでは、幻冬舎ルネッサンス宛にご応募いただいた、読者の方からの寄稿文をお届けします。どうぞご覧ください。

 

認識と事象は同等の異形

わたしの中の自己

あなたの中の自己

わたしの中のあなた

あなたの中のわたし

自と他とは対峙する鏡面

 

無限無量無辺

無限無量無辺こそが宇宙

また それが自己存在

無限無量無辺

それゆえに個別の存在が表出肯定されている

 

存在と反存在

存在をはるかに超える密度の反存在世界

この時空もまた反時空の衝立にうつる一つの映像

無量に認識すること

認識し得ない世界の無限を

存在は沈黙する その反存在の記憶と伝承の豊かさのまえで

充実と理解と叡智は反存在からの光彩

物象の由来

認識の創生

 

【終】

 
一覧に戻る

その他のコラム

「読者にとって読みやすい本」はどんな本か?
近年、読書をしない人が増えています。 全国学校図書館協議会の調査によれば、小・中学生は、読書量が年々増加傾向にあり…
読書好きの至福のひととき。読書しながらお酒を飲めるお店4選
  カフェでコーヒーや紅茶を飲みながらだと、落ち着いた雰囲気で本を読むことができますよね。 そんな贅…
先輩編集者に聞いた わかりづらい文章の共通点
  自分の経験や、思ってきたことを文章にしたことはありますか?   私たちは義務教育におい…
第3回 それでも、新しいほうへ、行こうとする。
  (『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)  …
第2回 風を切るように、読み進められる文章。
  (『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)  …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント