コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 認識と事象   著者:黒澤 明彦

コラム

認識と事象

 

著者:黒澤 明彦

 

本コラムでは、幻冬舎ルネッサンス宛にご応募いただいた、読者の方からの寄稿文をお届けします。どうぞご覧ください。

 

認識と事象は同等の異形

わたしの中の自己

あなたの中の自己

わたしの中のあなた

あなたの中のわたし

自と他とは対峙する鏡面

 

無限無量無辺

無限無量無辺こそが宇宙

また それが自己存在

無限無量無辺

それゆえに個別の存在が表出肯定されている

 

存在と反存在

存在をはるかに超える密度の反存在世界

この時空もまた反時空の衝立にうつる一つの映像

無量に認識すること

認識し得ない世界の無限を

存在は沈黙する その反存在の記憶と伝承の豊かさのまえで

充実と理解と叡智は反存在からの光彩

物象の由来

認識の創生

 

【終】

 
一覧に戻る

その他のコラム

出版社から書店へ ~書店で本が並ぶまで~
皆さまは書店に行かれた際にどのようにして、書店に本が並んでいるのか疑問に思われたことはないでしょうか?出版社から書店…
思わず手に取りたくなる!?特殊装丁デザイン書籍
書店に行くと、多くの書籍が並んでいます。 現在、だいたい1日に200冊の新刊が発売され、年間にすると約7万冊もの…
本当にあるの?憧れの文壇バー
「文壇バー」って聞いたことありますか? 文学好きな方なら、「お酒を飲みながら文学談議で盛り上がりたい」と憧れたこ…
読書の秋は本が売れない?~月別に見る本が売れる時期~
より多くの人に読んでもらいたい、そのような思いを持って執筆されている方が多いと思います。出版社も同じ思いです。では、…
事実は小説よりも奇なり ~ノンフィクションを書きたいあなたへ~
「これは面白いからみんなに話そう」と思うことありませんか?会話でもよくあるパターンだと思います。「ノンフィクション」…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント