コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 売れるビジネス書・実用書のつくり方 [前編]  

コラム

売れるビジネス書・実用書のつくり方 [前編]

 

 

―2015年に開催いたしました『本のことがもっとわかる!幻冬舎主催出版セミナー』の特別企画、『売れるビジネス書/実用書のつくり方』

その中でも特に反響があった『タイトルのつけ方』について、特別に本コラムにてご紹介いたします。

【※次回開催のビジネス書セミナーはこちら】2016年4月3日(日)サラリーマンでも兼業作家に!?ビジネス書&自己啓発書出版セミナー ~SWOT分析を活用した書籍企画ワークショップ~

 

タイトルを作るうえでのポイントは、読者の強い危機感や欲望、好奇心を刺激すること。ビジネス書や実用書の読者は何らかの課題や疑問を抱え、それを解決するために書籍を手に取ります。そのため、課題に対して危機感を与える表現であったり、疑問に対して欲望や好奇心を煽ったりする表現が効果的であると言われています。

では、そうした表現をするには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
ポイントをさらに細分化し、タイトルの事例とともに考察してみましょう。

 

 ビジネス書・実用書のタイトル事例(1) 内容をまとめてメリットを伝える

 

書籍の内容を簡潔にひと言でまとめたもの。さらに、「世界一わかりやすい」といったメリットも加えると効果的です。

<タイトル例>
・脳を動かす勉強法
・世界一わかりやすい株の本
・子育てアドバイス 大好き!が伝わる「しかり方」
・会話がとぎれない話し方66のルール

 

ビジネス書・実用書のタイトル事例(2) 具体例を出す

 

内容に関して時間・数量制限を設けたり単純化することで、書籍の内容を学習することへのハードルを下げ、より手に取りやすい書籍にすることができます。

<タイトル例>
・1日30分
・1分間勉強法
・たった5分で自分を変える方法
・「脳にいいこと」だけをやりなさい
・情報は一冊のノートにまとめなさい
・体温を上げると健康になる

 

ビジネス書・実用書のタイトル事例(3) 常識の逆をつく

 

読者にとって常識だと考えていることの逆を突く、逆常識について提案します。思わず「えっ?」と立ち止まってしまう引きの強いタイトルです。

<タイトル例>
・葬式は要らない
・しがみつかない生き方
・お金は銀行に預けるな

 

ビジネス書・実用書のタイトル事例(4) 意外性をみせる

 

読者の滞在的な疑問について取り上げたり、一般的に認識していた物事を覆す意外性を表現したりすることで、「これはどういうことだろう?」と興味を引くことが可能です。

<タイトル例>
・なぜ社長のベンツは4ドアなのか
・スタバではグランデを買え
・さおだけ屋はなぜ潰れないのか

 

ビジネス書・実用書のタイトル事例(5) あるある系

 

日常的によくあること=「あるある」なことについて表現し、読者の共感を得るタイプの方法です。この表現はSNSなどでも話題になっており、多数の人々の反響を得られる可能性があります。

<タイトル例>
・上司は思いつきでものを言う
・不機嫌な職場

 

ビジネス書・実用書のタイトル事例(6) 対比して意識させる

 

さまざまな書籍で見かける、ベストセラーにも多い表現方法です。対極にある物事の良し悪しについて並べて煽ることで、タイトルを読者に強く意識させています。

<タイトル例>
・頭が良い人、悪い人の話し方
・金持ち父さん、貧乏父さん
・話を聞かない男、地図が読めない女
・仕事ができる人、できない人

 

以上が前編6つのポイントですが、いかがでしたでしょうか?
これらに沿ったフレームワークをするだけでも、たくさんのタイトルが出来上がるはずです。周りの人に意見をもらいながら、客観的に引きが強いと感じてもらえるものができるまで、根気強くタイトルを考えてみてください。

 

後編はこちら売れるビジネス書・実用書のつくり方 [後編]

【※次回開催のビジネス書セミナーはこちら】2016年4月3日(日)サラリーマンでも兼業作家に!?ビジネス書&自己啓発書出版セミナー ~SWOT分析を活用した書籍企画ワークショップ~

 
一覧に戻る

その他のコラム

あなただけの編集者に出会う「書くナビ」とは
  「作家になりたい」「小説家になりたい」「出版してみたい」 ――本が好きな方であれば、一度はそう夢見…
小説を読みやすくするヒントは会話文ではなく“地の文“
  「小説を書いてみよう」――そう思い立ったとき、みなさんは何から考え始めますか? プロット、主人公の…
大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント