コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書の原稿執筆ポイント  

コラム

実用書の書き方講座/実用書の原稿執筆ポイント

 

文字数は少なめに

実用書は小説などの他のジャンルよりも、比較的文字数が少ないという特徴があります。より分かりやすく読みやすい実用書にまとめるため、長い説明を省いて簡潔にしたり、写真や図表を使ったりするためです。

実用書の執筆時はこれらを念頭においておき、極力文字数を増やさないよう完結にまとめましょう。

文字数を増やさないコツは、説明文を写真や図表で表現できないか検討すること。説明文が長くなってしまいそうな場合は、短い言葉で箇条書きにしてみると効果的です。

 

使用する写真や図表、執筆内容の専門性について確認を

原稿を書き上げたら、実用書に使用する写真や図表も準備していきます。これらは、書店や図書館にある実用書を参考に、写真はどのように撮影されているか、図表はどのように使用すれば理解しやすくなるかなどを研究してみましょう。

また、自身で撮影・作成した写真や図表以外は、実用書に限らず使用許諾が必要です。使用を検討するのであれば、権利者に必ず確認します。

実用書の内容についても、手順や分量のチェックはもちろんのこと、場合によっては資格保持者による根拠の説明が必要です。監修者や専門家によるチェックも忘れないようにしましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント