コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること  

コラム

実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること

 

実用書の読者の多くは、本を読むことで得られる実用的な効果を期待しています。

こうした読者に書籍を手にとってもらうためには、表紙や帯、冒頭などで「この本を読むことで何がどうなるのか」を明確に示す必要がありますね。

他にも、読者は実用書に対して様々なニーズをもっています。

それらを知るためには、話題になっている事柄、書店でよく見かける実用書のテーマ、昔からある定番のテーマなどをリストアップし、研究を重ねて適した題材を見つけていきましょう。

また、いろいろな題材を詰め込みすぎてしまっては、
「何がどうなるのか」の説明が不十分になってしまう可能性があります。

1冊の実用書の中に詰め込むテーマは必ずひとつに絞り、
想定したターゲットに要点をしっかりと伝えましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

あなただけの編集者に出会う「書くナビ」とは
  「作家になりたい」「小説家になりたい」「出版してみたい」 ――本が好きな方であれば、一度はそう夢見…
小説を読みやすくするヒントは会話文ではなく“地の文“
  「小説を書いてみよう」――そう思い立ったとき、みなさんは何から考え始めますか? プロット、主人公の…
大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント