コラム

実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること

実用書の読者の多くは、本を読むことで得られる実用的な効果を期待しています。

こうした読者に書籍を手にとってもらうためには、表紙や帯、冒頭などで「この本を読むことで何がどうなるのか」を明確に示す必要がありますね。

他にも、読者は実用書に対して様々なニーズをもっています。

それらを知るためには、話題になっている事柄、書店でよく見かける実用書のテーマ、昔からある定番のテーマなどをリストアップし、研究を重ねて適した題材を見つけていきましょう。

また、いろいろな題材を詰め込みすぎてしまっては、
「何がどうなるのか」の説明が不十分になってしまう可能性があります。

1冊の実用書の中に詰め込むテーマは必ずひとつに絞り、
想定したターゲットに要点をしっかりと伝えましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。