コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること  

コラム

実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること

 

実用書の読者の多くは、本を読むことで得られる実用的な効果を期待しています。

こうした読者に書籍を手にとってもらうためには、表紙や帯、冒頭などで「この本を読むことで何がどうなるのか」を明確に示す必要がありますね。

他にも、読者は実用書に対して様々なニーズをもっています。

それらを知るためには、話題になっている事柄、書店でよく見かける実用書のテーマ、昔からある定番のテーマなどをリストアップし、研究を重ねて適した題材を見つけていきましょう。

また、いろいろな題材を詰め込みすぎてしまっては、
「何がどうなるのか」の説明が不十分になってしまう可能性があります。

1冊の実用書の中に詰め込むテーマは必ずひとつに絞り、
想定したターゲットに要点をしっかりと伝えましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

海外文学をもっと日本へ ~翻訳出版マニュアル~
昨今、日本でも多くの外国文学が翻訳を通して親しまれています。しかし、読みたい本があっても翻訳されていなくてあきらめる…
時代の異端者たち「ビート・ジェネレーション」とは?
文学とカルチャーは切っても切り離せない関係にあります。 カルチャーはその時代の文学作品の作風に大きな影響を与え、…
多くの肩書を持つ!?今増えている「多動力」とは
皆さんは「多動力」という言葉を知っていますか? 2017年5月に幻冬舎から発売された書籍『多動力』では「何万の仕…
あなたの経験を一冊に。名作を生みだす第一歩
ドラマ化する作品やベストセラーとなる作品、名著と呼ばれる作品など、世の中には多大な評価を受けた書籍が数多く存在します…
実践して文章力アップ!?「文章の書き方」指南書特集
文章を書くのが苦手な人、またはさらに上達したい人で、「文章の書き方」「小説の書き方」の本を参考にしようと考える人は多…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント