コラム

小説の書き方講座/小説のキャラクターのセリフが「著者の言葉」になっていませんか

小説にありがちな失敗例として、キャラクターが著者の考えを代弁しているケースがあります。

しかし、小説は「あなたの心の中、あなた自身をさらけ出すこと」であるのだから、キャラクターの台詞が著者の考えを代弁していても良いのでは?と思うかもしれませんが、それでは当初構想したキャラクター設定からずれてしまいます。

また読者にとっても、小説を読み進めるうちに、キャラクターから作者の自我が垣間見えてしまっては不自然に思うでしょう。

もちろん、小説を書いていくうちにキャラクターが固まってくることもありますが、時には振り返って「本当にキャラクター自身の言葉になっているか」を考える必要がありそうです。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。