コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること  

コラム

実用書の書き方講座/実用書に読者が求めること

 

実用書の読者の多くは、本を読むことで得られる実用的な効果を期待しています。

こうした読者に書籍を手にとってもらうためには、表紙や帯、冒頭などで「この本を読むことで何がどうなるのか」を明確に示す必要がありますね。

他にも、読者は実用書に対して様々なニーズをもっています。

それらを知るためには、話題になっている事柄、書店でよく見かける実用書のテーマ、昔からある定番のテーマなどをリストアップし、研究を重ねて適した題材を見つけていきましょう。

また、いろいろな題材を詰め込みすぎてしまっては、
「何がどうなるのか」の説明が不十分になってしまう可能性があります。

1冊の実用書の中に詰め込むテーマは必ずひとつに絞り、
想定したターゲットに要点をしっかりと伝えましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…
「自費出版を印刷会社に依頼するか、出版社に依頼するか迷っています。それぞれのメリットとデメリットが知りたい」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、自費出版の発注先についてのお悩みです。 …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント