コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 「自費出版を検討していますが、出版社がたくさんあって迷ってしまいます。出版社の選び方のポイントを教えてください」/出版のお悩み相談

コラム

「自費出版を検討していますが、出版社がたくさんあって迷ってしまいます。出版社の選び方のポイントを教えてください」/出版のお悩み相談

「出版のお悩み相談」コラムでは、 出版の際、あるいは出版を検討する際に 皆さまからよくいただくご質問、 ご相談をご紹介します。

今回は、自費出版する際の出版社の選び方についてのご相談です。

 

 

 

ご相談
「自費出版をしたいと思っています。複数の出版社に問い合わせ、比較検討するべきだとは思うのですが、費用以外で重視すべきポイントはどんな点なのでしょうか。」

 

編集者からのアドバイス

確かに、自費出版を請け負っている出版社はたくさんあります。
大手出版社の自費出版部門や自費出版専門の出版社、印刷会社など。
それぞれに特色があり、強みもあれば弱みもあります。

今回は、自費出版を考えている方が出版社を選ぶ際におさえておきたいポイントについてお話しします。

 

「なぜ出版したいのですか?」

まず考えていただきたいのが、「なぜ自分は出版したいのか」ということです。

たとえば、幻冬舎ルネッサンスにご相談いただいた方の出版目的の一例をみてみましょう。
①「自分の半生を1冊にまとめ、家族や知人に配布したい」
②「まずは自費出版で1冊出版し、プロ作家への一歩を踏み出したい」
③「書き溜めてきたエッセイを多くの人に読んでもらいたい」
④「書店で、憧れの作家の隣に自分の本を並べたい」

……以上は一例ですが、皆さん出版目的はさまざまです。
まずは、出版の目的を整理してみましょう。

 

書店に流通させたいのか、ご自身の手で配布するのか

出版目的を整理できたら、次に検討するのは「書店流通」についてです。

ここで出版社候補をぐっと絞ることができます。

たとえば、先述した出版目的の
②「まずは自費出版で1冊出版し、プロ作家への一歩を踏み出したい」
③「書き溜めてきたエッセイを多くの人に読んでもらいたい」
④「書店で、憧れの作家の隣に自分の本を並べたい」
以上の方は、ご自身の書籍を書店に流通させることが前提となります。
書店に流通させるのであれば、書店流通網をもった出版社を選ばなければなりません。
また、書店流通網をもっている出版社にも二通りあり、「自費出版コーナーのみに流通できる出版社」「商業出版の書籍と同じように面だし・平積みで陳列させられる出版社」があります。

書店によっては、自費出版コーナーがない店舗もあります。
もしあなたが「プロ作家への一歩を踏み出したい」「多くの人に読んでもらいたい」「憧れの作家の隣に自分の本を並べたい」のであれば、後者の「商業出版の書籍と同じように面だし・平積みで陳列させられる出版社」を選ばなければなりません。

逆に、①「自分の半生を1冊にまとめ、家族や知人に配布したい」方は、必ずしも書店流通網をもった出版社を選ぶ必要はありませんよね。

 

原稿をそのまま本にするのか、編集者と二人三脚でつくるのか

もう一つ、大きなポイントとなるのが「編集体制」です。
自費出版というと自分で原稿を書くケースが多いですが、出版社によってはライターの取材を受け、ライターに執筆してもらうプランを用意していることもあります。
まず、自分で執筆するか否かを考えてみましょう。

次に、編集者の手を入れたいかどうかを検討しましょう。
出版社によっては、編集者がタイトルや帯の案を出してくれたり、校正・校閲をしてくれたりするところがあります。
対して、著者が書いた原稿をそのまま書籍化する出版社もあります。
自分の希望を整理しましょう。

また、装丁(ブックデザイン)についても同様です。
数種類の表紙テンプレートが用意されていて、その中から好きなデザインを選ばせてくれる出版社もあれば、有名ブックデザイナーからの提案が受けられる出版社もあります。
特に書店に流通させるのであれば、装丁は重要な意味をもちます。
装丁がどのように決定されるのか、確認してみましょう。

 

出版社を選ぶときに確認するポイント

まずはご自身の出版目的を整理した上で、「書店に流通させたいのか、自分で配布するのか」、「校正・装丁などどの程度出版社の手が入るか」を軸にしてみましょう。

出版社の営業担当に直接質問してみてもいいでしょう。

その中で、出版社の候補は自然と絞られるはずです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント