コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 読者を唸らせる文章のテクニック“問答力”を身につけよう  

コラム

読者を唸らせる文章のテクニック“問答力”を身につけよう

 

「これは面白い!」と読者を唸らせる原稿とはどんなものなのでしょうか。例えば政治や社会問題について、解決の兆しが見えるようなコメントが書かれていたり。誰も知ることのなかった、専門性が非常に高い情報が書かれていたり。そんなところでしょうか。
しかし、すべての人がそうした原稿をスラスラと書けるはずがありません。
そこで今回は、読者に「面白い」と感じてもらえる文章のテクニックを紹介します。

 

著者の“問答力”で原稿は面白くなる

 

改めて面白い原稿とは何なのかを考えると、それは個性的な物の見方を表現している原稿ではないでしょうか。読者の想定を上回った意外性のある見解は、「こんな考え方があるのか」と自分との違いを感じさせ、同時に「自分ならどうだろうか」と考えさせる力があります。

著者は自身の考えを表現することで読者に問いかけ、読者はそれを受けて著者への回答を考える“問答”が紙面上で行われている。それができる原稿こそ、面白いと言えるのではないでしょうか。

 

自ら肯定・否定を繰り返すことで、物の見方が変わる

 

ところで、個性的な物の見方を表現するにはどうしたら良いのでしょうか。元来、集団行動を良しとしてきた日本人には、多面的な見方が苦手な方も多いですね。そうした方は以下のような訓練をしてみましょう。

・何かひとつお題を用意し、それに対して肯定・否定両方の意見をもつ
・5分間、自分自身で肯定と否定を繰り返す対話をしてみる
・対話の内容をざっとメモに残し、お題に対して毛色の違う回答がいくつ出せたか確認する

以上をくり返し、短時間でいろいろな回答を出せるようになれば、多面的な見方が身についてきます。それと同時に、今まで気づくことのなかった新しい自分を発見できるはずです。私たちは毎日、何らかのニュースや誰かの意見を耳にしていますから、その都度1つ以上の考えを持つことで、思考が鍛えられていきます。

なかなか意見が出ない、毎回似たような意見が出てしまう場合は、「なぜそう考えたのか」を自問してみてください。親しい誰かがそう言っていたからなのか、自分自身の経験上から出た答えなのか・・・など、考えに至った理由を深堀りすることで、何を基準に物事をみているのかが分かります。
その基準を取り払うことで、新しい視点で物事をみて考えることができるはずです。

 

以上、“問答”テクニックとそれに必要な訓練の仕方についてお伝えしました。面白い原稿作成は、一日にして成らず。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント