コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 表現せずには、いきられない 『朝のポエム』誕生秘話 第三回(作家:三橋由紀子)  

コラム

表現せずには、いきられない
『朝のポエム』誕生秘話 第三回(作家:三橋由紀子)

 

ある会社からジョセフ・マーフィーのプログラムを購入して聴くようになりました。

マーフィーのプログラムを聴くとうつ病の発作が治まりました。

そして、ついてることが増えました。

 

プログラムの会社のセミナーに参加したら、言葉が前向きでないと幸せになれないとの事でした。

私は無意識に悲観的な言葉を使っていることを指摘されました。

 

そういえば子供の頃、両親が朝からけんかをして

罵りあっている言葉を聴いてから、学校に行ったらひどくいじめられたなあ。

 

それからそのセミナーの講師から

「三橋さんは詩を書く才能があるから詩集を出版してお金持になった らいいよ」 と言われました。

 

ええっ!

私が本を出版する?

うそでしょ?

 

第四回はこちら

第二回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫判からA5判まで。あなたの原稿に適した本のサイズは?
書店へ足を運ぶと、大から小まで、さまざまな大きさの書籍が所狭しと並んでいます。 普段はあまり意識しない本のサイズです…
3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント