コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 新書の自費出版講座/新書はタイトルと帯が命!  

コラム

新書の自費出版講座/新書はタイトルと帯が命!

 

売れる新書は、タイトルが命といっても過言ではありません。

ターゲットはタイムリーな情報収集を目的としているため、新書コーナーのタイトルは流し読みをされてしまいがちです。単行本のように、手にとって開きながら、じっくりと選んでもらいにくい傾向にあります。

加えて新書のデメリットとしては、デザインが統一されており、見た目での差別化が難しいことです。書籍のサイズや文字の大きさも非常に小さいため、平積みされていなければ、目に留まることはさらに難しくなるのです。

以上の理由から、新書は訴求力のあるタイトル・帯にする必要があるといえます。

 

人気の新書タイトルを参考に、ストックをつくる

 

訴求力のあるタイトルを生み出すポイントは、売れている書籍のタイトルをたくさんストックしておき、言葉を置き換えてみることです。自身の新書の内容にあわせるとしたら、こんな言葉の組み合わせはどうだろうか?と、お手本を参考に思考することから始まります。

例として、2015年上半期ベストセラーの新書、上位10タイトルを並べてみましょう。

『新・戦争論』
『家族という病』
『おとなの教養』
『「自分」の壁』
『地方消滅』
『「ズルさ」のすすめ』
『世界史の極意』
『沈みゆく大国アメリカ』
『無頼のススメ』
『資本主義の終焉と歴史の危機』

日本出版販売株式会社『2015年上半期ベストセラー』

 

これらをお手本とすると、
『新・○○論』
『○○という病』
『○○の教養』
『○○の壁』
『○○消滅』
『○○のすすめ』
『○○の極意』
『沈みゆく○○』
『○○の終焉と○○の危機』

このように、9個のストックが出来ましたね。

○○の箇所を別の言葉に置き換えながら、これは面白いと想える新書のタイトル候補を作成してみましょう。もちろん、そっくりそのまま真似ることは推奨できませんので、あくまで候補を考えるためのネタ用に集めます。

最後に、新書のタイトルの候補を考えたら、必ず第3者に意見をもらうようにしましょう。ターゲットは著者自身ではありませんから、他の人にどのような印象を与えるのかを重視し、反響が悪い場合は思い切って考え直すなど、柔軟に対応していきましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント