コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/読者の心に刺さるタイトルとは  

コラム

小説の書き方講座/読者の心に刺さるタイトルとは

 

小説のタイトルをつける時、どのように考えていますか。

いくつも書き出して検討してみる、ベストセラー小説のタイトルを参考にしてみる、ターゲットに刺さる表現を調べてみる・・・。いろいろな方法がありますが、何はともあれ、小説のタイトル作成にはこだわりを持ちましょう。

タイトルは、小説と読者が出合う入り口になります。

そのため、読者の興味を引くユニークなタイトルをつける必要があります。

真正面からではなく、「え?」と振り向かせる意外性や、
心の中を見透かしたような、ドキッとさせる言い回しなどが面白いです。

ほかにも、疑問形ですと「なぜ~?」、新事実を発見したとして「じつは~」、
否定形では「~はいらない」など、実用書で多く見られるタイプですね。
同じキーワードでも、様々な打ち出しが考えられます。

まずは思いついたものをひとことでまとめてみましょう。

加えて、これらを効果的に用いるには、小説のターゲットとなる読者が誰なのかを理解しておく必要があります。
誰が何を求めているのかを把握せずに、刺さる小説のタイトルを作ることはできません。
基本を忘れず、どんな表現の小説タイトルが読者の心を掴むのか、しっかりと検討しましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント