コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/読者の心に刺さるタイトルとは  

コラム

小説の書き方講座/読者の心に刺さるタイトルとは

 

小説のタイトルをつける時、どのように考えていますか。

いくつも書き出して検討してみる、ベストセラー小説のタイトルを参考にしてみる、ターゲットに刺さる表現を調べてみる・・・。いろいろな方法がありますが、何はともあれ、小説のタイトル作成にはこだわりを持ちましょう。

タイトルは、小説と読者が出合う入り口になります。

そのため、読者の興味を引くユニークなタイトルをつける必要があります。

真正面からではなく、「え?」と振り向かせる意外性や、
心の中を見透かしたような、ドキッとさせる言い回しなどが面白いです。

ほかにも、疑問形ですと「なぜ~?」、新事実を発見したとして「じつは~」、
否定形では「~はいらない」など、実用書で多く見られるタイプですね。
同じキーワードでも、様々な打ち出しが考えられます。

まずは思いついたものをひとことでまとめてみましょう。

加えて、これらを効果的に用いるには、小説のターゲットとなる読者が誰なのかを理解しておく必要があります。
誰が何を求めているのかを把握せずに、刺さる小説のタイトルを作ることはできません。
基本を忘れず、どんな表現の小説タイトルが読者の心を掴むのか、しっかりと検討しましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント