Presented by 幻冬舎ルネッサンス新社

特別連載インタビュー

デビュー当時とは異なる作風への挑戦

──読者にアピールしたいことはありますか。

 七尾:僕の作品は常に読者の方の斜め上を行っている、という自負があるので、そこに驚いてもらいたい。その分、僕自身も、読者の皆さまが思いつかないようなことを書きたいです。

──七尾さんの作品は、コアな部分は完全なミステリーですが、登場人物などの影響もありユーモア小説と呼ばれることが多いですよね。そういったもののない、堅いミステリーをお書きになる予定はあるんですか。

 七尾:ユーモアも作風ですから。ただ、その部分を抜かして堅いミステリーを書きたいかと聞かれれば、それはありますね。そういったオファーをいただいているところもあるので、近いうちに着手したいなとは思っています。

──七尾さんはさまざまなジャンルの映画も観ていらっしゃるし、今後、例えばドキュメンタリーや海外ものといった作品を書かれるご予定は。

 七尾:作品の幅を広げていきたいと思っているので、出版していただけるのであれば是非挑戦したいです。僕のところに依頼が来るのは、どうしても、ユーモアがあって、斜め上で、キャラが立ってて、というのが多いんです。デビューした作品がそういう作風で、それが売れてくれたので、これはもう仕方がない部分はあります。今は出版不況なので、冒険することが難しい部分はあるでしょうね。でもたまに、最近こういう作品が多いから、また違った視点の作品を出してみたらいかがですか、と言ってくださるところはあるにはあるんです。自分自身の年齢も上がっていくし、読者の年齢も上がっていくので、その方たちに合わせて作品も成長させていきたいです。新規開拓ではないですけれど、デビュー当初から読んでくれている読者の方に合わせた内容の作品も、ヒューマンドラマといったようなものも両方書いてみたいです。

著者プロフィール

七尾与史ななお よし

1969年6月3日、静岡県浜松市生まれ。『死亡フラグが立ちました!』で2010年7月にデビュー。近著に『グサッと痛いけど 超やる気が出るドSな言葉』『隠し味は殺意 ランチ刑事の事件簿2』『すずらん通り ベルサイユ書房 リターンズ』『死なせない屋』などがある。

特別連載インタビュー

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人5,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。