制作実績

「家」「町」「地球」のエコ技術論

エコカーは、エコじゃない!?

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 社会・政治
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779060427
判型
新書・224ページ
出版年月日
価格
921.8円(税込)

目次

第一章 エコとは言えないエコ技術政策
第二章 身近な熱の科学
第三章 高断熱・高気密が進む家のエコ
第四章 熱汚染が進む町のエコ
第五章 大気の熱容量が高まる地球のエコ
第六章 エコ技術論

内容紹介

今や環境は、日本経済を立て直すもっとも重要な分野のひとつとなった。そして環境問題は、いつしか環境ビジネスの問題になった感がある。太陽光発電ビジネスをはじめ、エコ技術は空前の大競争時代に入っているといえよう。しかし、「エコ」という言葉が頻発されるわりに、その効果のほどはよくわからない。本書ではエコ技術を検証し、その普及のために政府は何をすべきかを提言。

■著者紹介
京都大学文学部仏文学科卒、1989年環境庁に化学職として入庁、パリ第7大学で環境学の修士、フランス社会科学高等研究学院で社会発展学の修士取得。国連環境計画でGEF(地球環境ファシリティ)ポートフォリオマネージャー、環境省地球温暖化対策課課長補佐、防衛省地方協力局環境対策室室長等を歴任。2010年公務員退職後、現在はフリーの環境ライター。著書に『米軍基地と環境問題』(幻冬舎ルネッサンス新書)がある。

■著書
『米軍基地と環境問題』 (2010年6月小社刊)

■トピックス
「進研ゼミ高校講座 高2Challenge小論文」(2012年10月号)で紹介されました。
「朝日新聞」(2011年7月3日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。