制作実績

マラリア日本上陸

熱病・マラリアが日本で発症!感染を食い止めることはできるのか

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779010064
判型
4-6・308ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

真実から
プロローグ
第1章 突然の訪問者
第2章 風気(フーキ)
第3章 マスコミ
第4章 国の対応
第5章 那覇市調査
第6章 ハマダラカ掃討作戦
第7章 戒厳令
第8章 セブ島帰還者
第9章 神の仕業
第10章 波状攻撃
第11章 死闘
第12章 侵入経路
第13章 密告
第14章 避難
第15章 台風
第16章 絆
第17章 総力戦
第18章 墓参り
エピローグ

内容紹介

2015年5月、那覇市で緊急事態が発生。なんと、4歳になる幼稚園児がマラリアに感染したのだ。マラリアとは、ハマダラカが媒介する伝染病である。事態を重く見た日本政府は、マラリア対策本部を設置。早慶大学医学部の研究者、蔵田直子は特命を受けて疫学調査を始める。ついに感染源を突き止めた直子だったが、それには直子の夫、蔵田将の勤務先が関与していた――。研究者として人々を助けなければならないという使命を全うすると、夫の会社は多大な損害を被るばかりか、夫を窮地に追い込むことにもなりかねない。究極の選択を迫られた二人が選んだ道とは。感染症に対して無警戒な日本人に警鐘を鳴らすメディカル・エンターテインメント。

■著者紹介
昭和25年、大分県日田市生まれ。岐阜大学工学部、医学部卒業。

■トピックス
「日経新聞」(2013年9月22日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。