制作実績

邪馬台国近江説 古代近江の点と線

≪2刷出来≫
卑弥呼は、伊勢遺跡にいた!?

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
増刷 その他
著者
・著
ISBN
9784779005428
判型
4-6・196ページ
出版年月日
価格
1430円(税込)

目次

はじめに 「伊勢」という名の古代遺跡
第一章 今、何故「継体天皇」なのか
第二章 古代日本の様相
第三章 弥生時代の遺跡と集落
第四章 銅鐸
第五章 邪馬台国から大和政権へ
第六章 大和政権と国家統一
第七章 伊勢神宮の謎と息長氏
おわりに 「原邪馬台国」としての近江

内容紹介

近江出身の継体天皇は、なぜ力を持っていたのだろうか。地政学的にみて大きな勢力が形成される素地があった近江。その近江で発見された全国最大級の遺構が、現在「忘れられた遺跡」といわれる伊勢遺跡だ。さらに銅鐸の変遷をたどることにより、近江の重要性が明らかになるが、それだけではない。近江にゆかりのある継体天皇、天日槍、息長氏の系譜から、意外な事実が見えてくるのだ。天皇の系譜をたどり、「物」や「物事」の流れを解析することで、古代近江の驚くべき姿を明らかにする一冊。

■著者紹介
1945年滋賀県大津市生まれ。1969年大阪市立大学商学部を卒業後、日本電気硝子株式会社に入社。2005年に定年退職後、ハローワークでキャリアコンサルタントとなる。学生時代より古代史に興味をもち、一時期、歴史研究会に在籍するほど夢中になる。現在も歴史の勉強と執筆を続けている。滋賀県守山市在住。

■トピックス
「京都新聞(滋賀版)」(2012年7月25日)で紹介されました。
「読売テレビ かんさい情報ネットten!」(2012年5月15日)で紹介されました。
「関西テレビ スーパーニュース アンカー」(2011年8月16日)で紹介されました。
「週刊朝日」(2011年8月5日増大号)で紹介されました。
「京都新聞」(2010年11月21日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞 滋賀版」(2010年9月15日)で紹介されました。
「京都新聞 滋賀版」(2010年9月14日)で紹介されました。
「NHKテレビ『おうみ発610 610特集』)(2010年5月20日)に出演されました。
「読売新聞」(2010年5月9日)で連合広告が掲載されました。
「もりやまタイムス」(2010年4月号 第120号)で紹介されました。
「日経新聞」(2010年4月18日)で連合広告が掲載されました。
「日本電気硝子 社内報『硝友』」(2010年4月号)で紹介されました。
「読売新聞(滋賀版)」(2010年3月12日)で紹介されました。
「毎日新聞(滋賀版)」(2010年3月5日)で紹介されました。
「毎日新聞(滋賀版) 今週の本ベスト10(紀伊國屋書店大津店調べ)」(2010年3月5日)で第6位になりました。
「京都新聞」(2010年3月1日)で紹介されました。
「中日新聞(滋賀版)」(2010年2月23日)で紹介されました。
「びわこ放送『ニュースワイド CATCH』」(2010年2月19日)に出演されました。
「中日新聞」(2010年2月6日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2010年1月24日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。