制作実績

大家さんのリスク

≪3刷出来≫
幸せ大家さんへの第一歩は、まず自分の責任を知ることから!

ジャンル
単行本 ビジネス・経済・キャリア
シリーズ
増刷 その他
著者
・著
ISBN
9784779003257
判型
4-6・208ページ
出版年月日
価格
1760円(税込)

目次

内容紹介

ビルやマンションの安全性を確保することは、オーナーの義務である。しかし、このことをきちんと理解できている人は少ない。そこで、いくつもの危ない建物を見てきた著者が、オーナーの盲点とその対処法を伝授。耐震基準、消防法、シックハウス、劣化対策など、知っておくべき30の問題をQ&A方式で分かりやすく解説してゆく。
建物は年月が経てば劣化するし、法律は改正されていくもの。新築時は専門家が面倒を見てくれても、その後の責任はオーナーが持たなければいけない。対策を怠っていると、いつの間にか構造は弱くなり、法令違反を犯し、危ない建物になっていることも……。それに気づかないでいると、事故があったときには訴えられることになりかねない。問題は放っておいたらリスクだが、計画的に対処することで建物の資産価値を上げられる。また建物の一生を見据えた上での長期計画も提案する。オーナーが押さえておくべき最低限の法律も紹介。

■著者紹介
株式会社協和コンサルタンツ相談役(前代表取締役社長)。技術士(建設部門)。
昭和61年より社団法人日本土木学会評議員・関東支部幹事長、平成19年より同学会より名誉会員の称号授与。

■トピックス
「日本ビル新聞」(2010年2月15日)で記事が掲載されました。
「建設通信新聞」(2010年1月21日)で記事が掲載されました。
「建設産業新聞」(2010年1月20日)で記事が掲載されました。
2010年1月18日に、第4回ファシリティマネジメント大賞(JFMA賞)奨励賞を受賞しました。
「日経新聞」(2009年11月15日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2009年11月3日)で連合広告が掲載されました。
「中国新聞」(2009年11月2日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年8月24日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年7月20日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2008年7月13日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年6月22日)で連合広告が掲載されました。
「産経新聞」(2008年6月6日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年5月25日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2008年4月6日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2008年3月9日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。