制作実績

いろぬすびと

失くしたものは
なくてはならないものだった。

ジャンル
絵本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344934603
判型
B5・32ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

内容紹介

とつぜん街から“色”が消え去った。
誰が? なぜ? 元に戻すためには?
大人になっても読み返したい愛と絆の物語。

盲目の少女ソフィーはおじいちゃんと二人暮らし。
夢はいつか青い海を見ること。
そんなある日、世界はあちこちで“モノクロ”に。
大混乱の中、事件は思わぬ方向へ進んでいき……。

■著者紹介

いとうりょうへい(伊東良平)

⼤阪⽣まれ。
慶應義塾⼤学経済学部を卒業後、商社勤務。
15年の⽶国駐在を含め訪問した国は70を超える。
リタイアを機に好きだった絵を集中して描き始める。
現在は⼤学の客員講師をしながら、作品を発表している。
今回が初の絵本となる。

About the author
Ryohei Ito
Born in Osaka.
After graduating from Keio University, joined a trading firm.
Traveled to more than 70 countries including U.S.A. where he lived with his family for 15 years.
Following retirement, he started to refocus on artistic creation and regularly exhibits his
artworks in his show and on SNS.
He is also a visiting lecturer in several universities.
He lives in Tokyo with his wife.
Instagram:@itorandy

テキストのコピーはできません。