制作実績

これで納得 目の検査

病院でのこの検査、どんな意味があるの?

ジャンル
医学・薬学
シリーズ
新刊
著者
飯島裕幸・著
ISBN
9784344928879
判型
新書・176ページ
出版年月日
2020/6/30
価格
800円+税

目次

第1章 目の症状の伝え方
第2章 視力検査
第3章 角膜、涙、前房、水晶体の検査
第4章 網膜と視神経の検査
第5章 緑内障に関する検査
第6章 斜視と複視の検査

内容紹介

・白内障はスリット光照明の断面で観察する
・近くがぼやける老視と遠視の違い
・失明原因No.1の緑内障は人間ドックの眼底写真で早期発見できる

 

大学病院の初診外来を長年担当してきた眼科医が、
病院で行われる診察に対する患者のギモンを解決。

■著者紹介
飯島 裕幸(いいじま ひろゆき)
1953年香川県高松市生まれ。
1978年東京大学医学部卒業。
1985年医学博士。
1999年から2019年まで山梨大学医学部眼科教授(2020年現在、山梨大学名誉教授)。
眼科専門医、専門分野は網膜疾患、臨床では眼科全般に精通している。
現在非常勤医師として、山梨大学医学部附属病院、山梨赤十字病院、
市立甲府病院、公立福生病院、富士市立中央病院などで診療にあたっている。

テキストのコピーはできません。