制作実績

旅するギターと私の心臓

異国の地で失くしたのは、8000円で買った世界にひとつだけのギター。
心臓の病に倒れた友人に代わり、青年はギターを探す旅に出る。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
松原 良介・著
ISBN
9784344927759
判型
4-6・226ページ
出版年月日
2020/4/14
価格
1200円+税

目次

アンブレラ

インタビュー1

ホットコーヒー

きっかけ

オレンジ色の球体

ハッピーバースデーを

最悪の日

制限とリズム

結局音楽じゃないの?

私の名前はデイジー

友の旅立ち

メコンナイト

片言のハングル

待ち合わせ

ニュートラル

失敗の定義

野次馬とクラクション

隠しポケット

安物のギター

可能性があるなら

探し物

自分の評価

世界で一番おいしいタイティー

進めない日々

グラスの氷

夏美からの電話

想いがつながるとき

明日の朝じゃダメなのよ

送られてきた写真

希望の糸を紡ぐように

インタビュー2

希望と執念

ソウルからの手紙

再会

バラ色の日々

ダメならダメって言うだろ

1分間の面会

インタビュー3

内容紹介

「旅人って、すごく強い絆でつながっているんだ」

東南アジアを旅する哲也は、心臓の発作に倒れ、愛するギターを失くしてしまう。悲しむ友の姿を見た祐介は、日本を飛び出すことを決意する――。
実話をもとに綴られた、感動のストーリー。

■著者紹介

松原 良介(まつばら りょうすけ)

1980年5月19日 北海道生まれ。札幌市内の高校を卒業後、上京。
2014年、友人のギターを探すため、世界一周の旅に出る。
訪れた国は100ヵ国を超える。
2017年帰国。関西を中心にイベント等で旅の話を通じて移植待機者の思いを伝える活動をしている。

テキストのコピーはできません。