制作実績

酒器を愛す

40年かけて集めた酒器の逸品を
カラー写真とウィットに富んだ文章で綴る

ジャンル
エッセイ 実用書 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344924550
判型
文庫・212ページ
出版年月日
価格
660円(税込)

目次

鉄絵志野の酒器
瀬戸椿手の酒盃
黄瀬戸盃
金皮鯨の徳利
唐津皮鯨盃
斑唐津のぐい呑み
斑唐津の天目盃
斑唐津の馬上盃
「かいらぎ唐津」平盃
継ぎ接ぎの唐津盃
無地唐津のタチグイ
可憐な初期伊万里染め付徳利
伊万里の酒盃
海揚り備前徳利
備前小酒壺
古備前手捻り徳利
異形の備前徳利
        ほか

内容紹介

酒と徳利と盃を愛で、夢見心地で人生を想い、語る。彼等は信頼出来る生涯の友だ。いつも側にいて、酒徒を幸せにしてくれる。これはこの世の天国である。趣味は人柄を語る。同好の人々と、この高尚な趣味の天国を楽しみたい!
国際的な英文学者の著者による珠玉の随筆集。

■著者紹介
島根国士(しまねくにお)
名古屋市立大学名誉教授
埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。上智大学大
学院修士課程修了。専門はイギリス文学。ノートル
ダム清心女子大学教授、高知大学教授、名古屋市立
大学教授等を歴任。英国19世紀の詩人G. M.ホプキ
ンズ研究で国際的に知られる。
英文学研究の傍ら日本文化に興味を持ち、その独創
性を追究している。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。