制作実績

地平線に─日中戦争の現実─

戦争によって青春を犠牲にされた青年少尉の慟哭の物語。

ジャンル
小説 単行本
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344920637
判型
文庫・740ページ
出版年月日
価格
880円(税込)

目次

第一章 新兵
第二章 任地
第三章 大任
第四章 撤収
第五章 帰還

内容紹介

日中戦争の現実を描いた傑作が待望の文庫化。
本作品は、実父の戦争体験を綴った自伝をベースに、息子である著者が小説化した、
真実の物語である。
徹底した軍国主義体制の下、徴兵され中国に渡った主人公・杉井謙一が、
国家が軍事力や武力を利用して戦闘を組織的に遂行するという、
極めて常軌を逸した事態を果敢に生き抜き、敗戦を機に帰国するまでの8年間を綴っている。
20歳の時に徴兵された杉井謙一は、予備士官学校で過酷な軍事訓練を受けたのち、
戦地・中国に赴く。
文脈の端々には、青年謙一の穢れない純真に照らし出された国家権力の不条理に対する憤り、
戦争という暴力しか存在しない極限状況での人間の愚かな言動の数々、
人間の命を軽々しく扱う場面に数多く立ち合わざるを得なかった無力なる者の困惑、
そして軍隊という野蛮極まりない組織などが赤裸々に綴り出され、
謙一のやり場のない怒りや悲しみが読者に共感を持って伝わってくる。
戦争の現実を赤裸々に描いた傑作戦争小説だ。

■著者紹介
前田 隆平(まえだ りゅうへい)
全日本空輸株式会社取締役兼ANAホールディングス株式会社常勤顧問
1954年静岡県静岡市生まれ。1977年東京大学法学部卒、同年運輸省入省。
国土交通省航空局長、国際統括官、駐スイス特命全権大使を経て2016年7月より現職。
国土交通省では航空分野での経験が長く、オープンスカイ政策の推進、
羽田空港の国際化などを手掛けた。

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談・資料請求ください

出版について問い合わせる まずは資料を見てみる
テキストのコピーはできません。