制作実績

猿丸と人麻呂 天才歌人を抹殺した闇の真相

飛鳥時代から消された悲劇の歌人・猿丸の正体とは?!

ジャンル
歴史・地理
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915688
判型
4-6・384ページ
出版年月日
価格
1870円(税込)

目次

第一章 歌をもたない歌人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 無念の裡うちに滅びた悲劇の父子
 第二節 罪人に仕立てられた宮廷歌人
 第三節 猿丸の痕跡
 第四節 蘇る猿丸

第二章 復活した歴史書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 序文の噓
 第二節 原『古事記』の編纂開始
 第三節 原『古事記』の編纂停止

第三章 瓦解する迷宮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 上代歌謡という常識
 第二節 人麻呂の栄光の時代
 第三節 人麻呂の得意フレーズ
 第四節 『古事記』にも繰り返されるフレーズ
 第五節 歌の先駆者

第四章 怒涛と疾風の原『古事記』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 人麻呂の活躍期間に包含される原『古事記』の編纂期間
 第二節 独創的な表現
 第三節 『古事記』に刻まれた人麻呂の痕跡
 第四節 人麻呂を知る原『古事記』の編纂メンバー
 第五節 石見を訪れた人麻呂

第五章 浮かび上がる編纂者たち・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 巻一・巻二の特殊性
 第二節 石川郎女が握る人麻呂の「死」の秘密
 第三節 巻一の編纂者の追跡

第六章 海に沈んだ猿丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 猿丸の追跡
 第二節 猿になった猨
 第三節 人麻呂の死を暗示する猨田毘古神

第七章 警告の歌集・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 浮かび上がる補助線
 第二節 警告の歌集
 第三節 アリバイ工作の歌
 第四節 抹殺のための裏工作
 第五節 編纂・完成の時期の検証

第八章 正三位柿本朝臣人麻呂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第一節 追贈の条件
 第二節 人麻呂への追贈
 第三節 猨の由来

猿丸年表
あとがき
参考文献

内容紹介

柿本人麻呂や小野小町、在原業平らと同じく、
三十六歌仙に名を残す「猿丸」。
しかし、猿丸本人の歌は一首も知られていない。
それにもかかわらず、三十六歌仙の一人として
猿丸の名が挙がっているのは一体なぜだろうか?

その裏には、これまでに知られていなかった
壮大な歴史のドラマがあった――。

「猿丸とはいったい何者なのか?」
調べれば調べるほど謎が深まる。
そして、この謎を解く鍵をあの「柿本人麻呂」が握る。

猿丸と、人麻呂。
この二人の関係を解明し、史実を追跡してみると、
陰謀にまみれた古代の闇が浮かんでくる……!

教科書には載らない裏側の古代史を暴いた衝撃作。

■著者紹介
中村 真弓(なかむら まゆみ)
1954年生まれ。1977年3月、東京大学卒業。
若い頃から日本の古代史、古典文学、仏教、能などに関心を持つ。特
に弘法大師に関する研究を中心にして、さまざまな分野を横断的に楽
しんでいる。定説や常識を鵜呑みにすることを嫌い、原典に依って確
認することを心掛けている。
著書に『海に漂う神々―世阿弥が伝えた古代史の真相―』(2012年、
幻冬舎ルネッサンス刊)がある。

テキストのコピーはできません。