制作実績

サラリーマンは翻訳家になった

長年のサラリーマン生活から一転。
思いもしないドイツ小説翻訳家になった著者が綴る、
くすりと笑えてタメになるエッセー。

ジャンル
エッセイ 単行本 文学・評論 スポーツ・ホビー
シリーズ
新刊
著者
・著
ISBN
9784344915213
判型
4-6・198ページ
出版年月日
価格
1100円(税込)

目次

第1章 なぜ会社を辞めたのか
第2章  引っ越しして図書館通いの日々に
第3章  翻訳に着手
第4章  自費出版を目指す
第5章  文芸作品の翻訳の将来

内容紹介

翻訳家は、悩みがつきない。

●原作者側はできるだけ直訳に近い形を希望。
慣用句・押韻はどう表現すればいい?

●ドイツ語では一人称は”ich”ひとつのみ。
「私」「僕」「俺」「おいら」……どれを選ぶ?

●生き物でなくとも男性・女性・中性とわかれるドイツ語名詞。
その名詞の性別を受ける代名詞を駆使しミスリードを誘う文章をどう生かす?

●実務文書と異なり、複数の解釈可能な文章が登場する小説。
翻訳家の解釈で読者を導いて本当にいいのか?

悩み、迷いながら手探りで進んだドイツ小説翻訳家への道。
サラリーマン時代に勉強を強いられた日々が糧となっていたことに今さらながら気づく……。

■著者紹介
斉藤正幸(さいとう まさゆき)
元会社員。KSGG 会員。
『タタールで一番辛い料理』『僕をスーパーヒーローと呼んでくれ』を翻訳。

テキストのコピーはできません。