制作実績

夜間大気光のふしぎ

宇宙の入り口で輝く大気光を、最新の研究結果をもとに徹底解説

ジャンル
単行本 科学・テクノロジー スポーツ・ホビー 教育・学参・受験
シリーズ
新刊
著者
・著 鈴木臣・著
ISBN
9784344914568
判型
4-6・130ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

1章 夜間大気光とは何か?
2章 中間圏の夜間大気光
3章 熱圏・電離圏の夜間大気光
4章 私たちの生活とのかかわり
5章 夜間大気光の観測方法

内容紹介

空気のてっぺん、宇宙の入り口の大気が光を放っている?
夜空には星からの明かりだけではなく、実はかすかに目には見えるくらいの明るさで、
高い高さの空気(大気)がひかりを放っている。
星々が瞬く宇宙と対峙して私たちを守ってくれるふしぎな大気。
宇宙の入り口でいったい何が起こっているのだろうか。

地上から80~400キロメートル上空、密度が地上の10億分の1しかない天空の空気がなぜ輝くのか?
オーロラと大気光の違いは?
「星明り」の正体は大気光だった!?
カーナビや衛星放送と大気光の関係は?

私たちの生活と密接な関わりがあるのにあまり知られていない夜間大気光。
最新の研究結果をもとに、天体ファンや理科好き中高生も楽しめるよう優しく解説。

■著者紹介
塩川 和夫(しおかわ かずお)
名古屋大学宇宙地球環境研究所・教授。

鈴木 臣(すずき しん)
愛知大学・准 教授。

テキストのコピーはできません。