メディア掲載情報

<パブリシティのお知らせ>『入試問題の作り方―思考力・判断力・表現力を評価するために』延近充様

2021.05.10

弊社から書籍を刊行された著者様が『塾ジャーナル』(2021年5月号)にて紹介されました。

 

 

<弊社制作実績ページへはコチラから>

https://www.gentosha-book.com/products/9784344932869/

 

 

引き続き、幻冬舎ルネッサンス新社の書籍を宜しくお願いいたします。

入試問題の作り方―思考力・判断力・表現力を評価するために

入試問題の作り方―思考力・判断力・表現力を評価するために_書影
著者名
延近充
書籍名
入試問題の作り方―思考力・判断力・表現力を評価するために

延近充氏プロフィール

延近 充(のぶちか みつる)
元慶應義塾大学経済学部教授
専門分野:国際政治経済学,現代資本主義分析
79年 慶應義塾大学経済学部卒業
81年 同大学大学院経済学研究科修士課程修了
84年 同博士課程単位取得退学
1981年 慶應義塾大学経済学部助手, 91年 同助教授, 2012年 同教授, 18年 定年退職。
主著:『薄氷の帝国 アメリカ― 戦後資本主義世界体制とその危機の構造』(御茶の水書房,2012年),『21世紀のマルクス経済学』(慶應義塾大学出版会,2015年),『対テロ戦争の政治経済学―終わらない戦争は何をもたらしたのか』(明石書店,2018年)。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。