制作実績

入試問題の作り方 ―思考力・判断力・表現力を評価するために

「リスク」を知って大学入試改革を乗り越える。問題作成時に押さえておきたい重要ポイント集。入試担当者はもちろん、受験対策にも役立つ一冊。

ジャンル
教育・学参・受験
シリーズ
新刊
著者
延近 充・著
ISBN
9784344932869
判型
B5・176ページ
出版年月日
2020/12/24
価格
1200円+税

目次

はじめに

第1部 入試問題作成マニュアル
Ⅰ.入試問題作成の基本方針の設定
Ⅱ.テーマの設定と出題内容の決定方法
Ⅲ.入試問題の種類―機械採点問題と記述・論述問題
Ⅳ.機械採点問題の作成
Ⅴ.論述問題の作成と採点基準の設定
Ⅵ.作成した問題の妥当性のチェック
Ⅶ.採点作業

 

第2部 大学入学共通テスト試行調査(プレテスト世界史B・日本史B)の検討
Ⅰ.プレテストの検討の意義
Ⅱ.プレテスト(世界史B・日本史B)の問題点

内容紹介

はじめに

 

第1部:入試問題作成マニュアル
 知識をベースに考えさせ,判断させる出題形式を紹介。
 空欄補充 事項選択 誤文選択 正誤判断 並べ替え 年表挿入 資料提示統計データ提示 論述問題第

 

2部:大学入学共通テスト試行調査の検討
 入試問題のあるべき姿を具体化するため,「プレテスト世界史B・日本史B」を徹底分析。
 問題点を提示する38のケース・スタディ付き。

■著者紹介
延近 充(のぶちか みつる)
元慶應義塾大学経済学部教授
専門分野:国際政治経済学,現代資本主義分析
1953年 京都市生まれ,
71年 京都教育大学附属高等学校卒業,
79年 慶應義塾大学経済学部卒業,
81年 同大学大学院経済学研究科修士課程修了,
84年 同博士課程単位取得退学。

1981年 慶應義塾大学経済学部助手,
91年 同助教授,
2012年 同教授,
18年 定年退職。

主著:『薄氷の帝国 アメリカ― 戦後資本主義世界体制とその危機の構造』(御茶の水書房,2012年),『21世紀のマルクス経済学』(慶應義塾大学出版会,2015年),『対テロ戦争の政治経済学―終わらない戦争は何をもたらしたのか』(明石書店,2018年)。

テキストのコピーはできません。