コラム

狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―

狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調するものです。
20年代のアメリカは多岐にわたる新しい大衆消費財の導入に駆り立てられた、大きな経済的繁栄の時代として捉えられています。

経済的な好況の中で、「ジャズ」、「映画」、「ファッション」、「文学」などの文化が開花、主に文学は創造性がある時代でした。
著名な作家や作品がこの時代に現れました。
狂騒の20年代の精神は、現代性に関わる不連続性、すなわち伝統の破壊という一般的な感覚が特徴です。

あらゆるものが現代技術を通じて実現可能に思われ、特に自動車、映画およびラジオのような新技術が、大衆の大半に「現代性」を植えつけました。
形式的で装飾的、余分なものは実用性のために落とされ、建築や日常生活の面に及び、同時にまだ大衆の心に残っていた第一次世界大戦への恐怖の反動の娯楽として、面白み、軽快さがジャズやダンスに取り込まれました。
そのためこの時代はジャズ・エイジと呼ばれることもあります。

経済的に好調だったこの時代に人々は金銭的に豊かになったため、堕落した退廃的な生活を送るようにもなりました。
禁酒法が強制された時代で、酒を「禁じられていたため」人々の間で逆に酒に酔うことが「ファッショナブル」という概念が生まれ、毎晩のようにパーティーや「闇酒場」に出かけるようになったのです。

豊かになったが、退廃的。このような生活にこれでいいのかという「虚しさ」を感じるようになる人々もいました。
このような精神性が20年代のアメリカの文学作品には色濃く表れています。

 

狂騒の20年代の文学

 

きらびやかで、退廃的で、スキャンダラス。
20年代の文学作品はこんな雰囲気です。
有名な作品をいくつか紹介いたします。

・『グレート・ギャツビー』、F・スコット・フィッツジェラルド著
 これぞ20年代の文学!「ジャズ・エイジ」の縮図といわれるほど、この一冊を読めば、
20年代の雰囲気が味わえます。

・『チャタレー夫人の恋人』、。D・H・ローレンス著
 あからさまな性描写の故に、当時のスキャンダルとなりましたが、この創造性が20年代をよく表しています。

・『楽園のこちら側』、F・スコット・フィッツジェラルド著
 第一次世界大戦後の若者の生活と道徳を描写していて、20年代の道徳概念を知ることができます。

・『日はまた昇る』、アーネスト・ヘミングウェイ著
 1920年代にヨーロッパに国外居住したアメリカ人集団を描写していて、華やかな文化が花開いた裏で、移民を排斥していた「20年代の闇」を伺うことができます。

さまざまな文化を知ることで、インスピレーションを得たり、知識を身に付け言葉に深みを増すことができます。
ご紹介した中から1冊手に取って、「20年代のアメリカ」にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。