コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 「小説の原稿を出版社に持ち込みたい。原稿持ち込みの方法とポイントを教えてください」/出版のお悩み相談

コラム

「小説の原稿を出版社に持ち込みたい。原稿持ち込みの方法とポイントを教えてください」/出版のお悩み相談

「出版のお悩み相談」コラムでは、 出版の際、あるいは出版を検討する際に皆さまからよくいただくご質問、ご相談をご紹介します。

 

今回は、原稿や企画の持ち込みについてのご相談です。

 

 

ご相談
「小説の原稿を出版社に持ち込みたい。はじめて原稿を持ち込むので、何もわかりません。原稿持ち込みの方法とポイントを教えてください」/出版のお悩み相談」

 

編集者からのアドバイス

著者様が小説の原稿を書き上げ、その原稿を書籍化して出版すべく、出版社への持ち込みを検討されているのですね。

それでは、出版社の編集者という立場から、小説の原稿を出版社に持ち込む際の注意点やチェックポイントをまとめさせていただきます。

 

原稿を持ち込む出版社を選ぶ

 

最初の難関ともいえるのが、「原稿を持ち込む出版社のリストをつくる」作業です。

結論から申し上げると、商業出版(企画出版)の原稿や企画の持ち込みを受け付けている出版社は決して多くありません。
出版社のホームページをみて、原稿や企画の持ち込みを受け付けているかどうかを確認しましょう。

対して、自費出版の出版社は原稿や企画の持ち込みを受け付けていることがほとんどです。
出版社のホームページをみてみましょう。

今回の相談者さまは「小説の原稿」を持ち込みたいということですが、出版社によって対応ジャンルが異なります。
文芸書を出版している出版社なのかどうかも確認が必要です。

出版社のホームページで、「書籍紹介」「事例紹介」などのページから確認することができます。

 

原稿持ち込みの方法を確認する

 

「出版社に原稿を持ち込む」というと、出版社の編集部に訪問して、編集者に原稿を手渡しする――そんなイメージが強いのではないでしょうか。

実は、出版社の原稿・企画募集のページをみてみると、郵便もしくはメールでの送付を求めているものがほとんどです。
直接出版社を訪問し、持ち込むのか、郵便やメールで送付し、その後メールや電話でやり取りするのか、確認してみましょう。

 

出版社に持ち込む原稿を準備する

 

郵便もしくは直接原稿・企画を持ち込む場合、書き上げた原稿・企画のコピーを用意しましょう。

持ち込んだり送付したりした原稿は、返却されないケースが大半です。
大切な原稿を手元においておくために、原本とは別にコピーを用意します。

また、手書き原稿を書籍にする際には、データ化費用が必要になるケースが多いです。
手書きで原稿を執筆している方も、ワードデータなどに起こしておくと、編集者とのやり取りや校正・修正作業がスムーズになります。

 

持ち込む原稿のポイントをまとめる

 

たとえば自費出版の出版社の場合は、原稿や企画を郵便やメールで送付した後、編集担当者からお電話やメールで連絡を受け、打ち合わせをする流れになります。

そのときに話すのは、以下のようなポイントです。

・どうして出版したいのか
・原稿・企画のターゲット(読んでほしい人)は誰か
・原稿・企画のポイントや原稿・企画にこめる思い
・書籍のタイプや部数など、どのようなかたちで出版したいと考えているか

自分の思いを余すことなく伝えられるよう、ポイントをまとめておきましょう。

電話やメール、打ち合わせ時の編集担当者の言葉遣いや雰囲気は、今後書籍を制作するにあたって大切な要素となります。
書籍を介するとはいえ、「人」と「人」とのやり取りですし、長いお付き合いになるものですから、書籍との相性はもちろん、ご自身との相性もチェックしておきましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

電子書籍ビジネスにみる出版業界の展望
あなたが持っているスマートフォンに、電子書籍を読むためのアプリはインストールされていますか? もしくは、電子書籍…
小説を書くときに知っておきたい「ヒーローズジャーニー理論」とは
「小説を書いてみたいけど、どういう構成にすればいいんだろう……」 「キャラクターや世界観はぼやっとぼんやりと想像…
憧れの“重版出来”! 書籍出版から重版になるまでの過程とは
  2016年4月から6月までTBS系で放送されたテレビドラマ「重版出来!」の影響から、“重版”という言…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【後編】
前編に引き続き、俳句集・短歌集の制作の流れをご紹介します。 2)制作の流れ(出版社での自費出版の場合) 続いて、…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【前編】
俳句・短歌は身近な文化  俳句・短歌は、私たち日本人にとって最もなじみのある日本文化です。 学生の頃には、誰も…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント