コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 漢字とひらがな、どっちを選ぶべき!?当て字表記に気をつけよう/小説の書き方講座  

コラム

漢字とひらがな、どっちを選ぶべき!?当て字表記に気をつけよう/小説の書き方講座

 

原稿を書いていて、漢字で書くべきか、平仮名で書くべきか迷ってしまうことはありませんか。
その際、きちんと調べずに“世間でよく使われている方”を選んでしまうと、おかしな言葉遣いの原稿ができあがってしまいます。

そこで今回は、使うべきなのか、やめるべきなのか・・・ついつい迷ってしまう言葉をピックアップしました。自分で書いた原稿にも同じ言葉が使われていないか、チェックしてみましょう。

 

ひらがなで表記したい言葉

 

一般的には読めない漢字を子どもの名前に使う“キラキラネーム”が流行り出して久しいですが、近年、日本にはたくさんの“当て字”が生まれています。それに伴い、長年誤って使われてきた当て字言葉も、現代では常用漢字のような扱いを受けています。

しかし、いくら現代に馴染んでいるとはいっても、原稿上は使用すべきでない言葉も多く含まれています。つい使ってしまうけれど、本当は当て字である言葉には、どんなものがあるのでしょうか。

 

まずはこちら。よく見かける当て字です。
<例>
出来る=できる
沢山=たくさん
兎に角=とにかく
素敵=すてき
無理矢理=むりやり
無駄=むだ
何時=いつ
好い加減=いいかげん
誤魔化す=ごまかす

いかがでしょうか?漢字で書いていませんか。

 

特に副詞・副助詞は、誤った漢字表記の宝庫です。念入りにチェックしましょう。
<例>
何故=なぜ
予め=あらかじめ
何れ=いずれ
未だ=いまだ
概ね=おおむね
直ぐに=すぐに
遂に=ついに
殆ど=ほとんど
先ず=まず
未だ=まだ
等=など
迄=まで

 

接続詞も漢字で書いていませんか。
<例>
或いは=あるいは
尚=なお
拠って=よって

 

人や物を指したり、方向を示す言葉にも注意が必要です。
<例>
貴方=あなた
此方=こちら
其方=そちら
其れ=それ
何れ=どれ

 

名詞にも、ひらがなで書くべき言葉があります。
<例>
咽喉=のど
硝子=がらす
胡坐=あぐら
煙草=たばこ

 

以上、書き出すときりがありませんので、原稿を書いていて気になったところから直していきましょう

 

ひらがな・漢字、どちらも正解の言葉

 

ひらがな・漢字、どちらも間違いではないけれど、使用するタイミングを計らなければいけない言葉、前後の文脈や伝える相手、目的などによって変化する言葉もあります。

<例>
有難う=ありがとう
下さい=ください

 

以下の補助動詞も使い方に注意が必要です。
<例>
事=こと
所=ところ
物=もの
見る=みる
行く=いく
通り=とおり

 

また、モラルの問題から漢字の使用を控えるべき言葉もあります。
<例>
障害=障がい
子供=子ども

 

以上、いかがでしたでしょうか。
思い当たる節がある人は、原稿を見直してみましょう。
特に副詞・副助詞・補助動詞の誤った漢字表記がよく見受けられます。これらの正しい使い方を先に覚えておくだけでも、原稿修正の負担が軽くなるのではないでしょうか。

プロに無料で文章の書き方を学べるセミナーを、随時開催しております。詳しくはこちら。

 
一覧に戻る

その他のコラム

海外文学をもっと日本へ ~翻訳出版マニュアル~
昨今、日本でも多くの外国文学が翻訳を通して親しまれています。しかし、読みたい本があっても翻訳されていなくてあきらめる…
時代の異端者たち「ビート・ジェネレーション」とは?
文学とカルチャーは切っても切り離せない関係にあります。 カルチャーはその時代の文学作品の作風に大きな影響を与え、…
多くの肩書を持つ!?今増えている「多動力」とは
皆さんは「多動力」という言葉を知っていますか? 2017年5月に幻冬舎から発売された書籍『多動力』では「何万の仕…
あなたの経験を一冊に。名作を生みだす第一歩
ドラマ化する作品やベストセラーとなる作品、名著と呼ばれる作品など、世の中には多大な評価を受けた書籍が数多く存在します…
実践して文章力アップ!?「文章の書き方」指南書特集
文章を書くのが苦手な人、またはさらに上達したい人で、「文章の書き方」「小説の書き方」の本を参考にしようと考える人は多…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント