コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 自費出版をするときの出版社の選び方/自費出版講座

コラム

自費出版をするときの出版社の選び方/自費出版講座

原稿が出来上がっていて自費出版を検討したときにまず思い浮かぶことは、どこに原稿持ち込みをすれば良いのか。どこから出版するのか。
出版社を選ぶ方法としては、書店やインターネットで気になる出版社名をピックアップしたり、知人からおすすめの出版社を聞いたり・・・など、さまざまなです。

しかし、自分に最適な出版社を選ぶために、どのような基準で考えれば良いのか、そういった基本的な情報はあまり知られていません。

そこで今回は、自費出版をするときの出版社の選び方について、ポイントをまとめました。

 

総合出版社か、自費出版専門の出版社か

 

自費出版を受け付けている出版社は、商業出版・自費出版の両方を扱っている、いわゆる総合出版社。そして自費出版のみ取り扱う自費出版専門会社に大きく分類できます。
前者は書籍や雑誌などさまざまな出版物を刊行するため、出版社としての規模も大きく、大手企業が軒を連ねています。一方で、後者は自費出版書籍のみ刊行しているため、中・小規模の出版社になります。

どちらで出版するかによって、金額や書籍の取り扱い、読者が受ける所感なども異なるため、違いを知っておく必要があります。

 

総合出版社で出版するメリット

 

総合出版社は費用がかかりますが、多数の書籍に携わってきたベテラン編集者がつき、企画や校正の段階でしっかりと意見を述べてくれます。
書籍にはその出版社の社名を使用でき、ネームバリューを活用したPRが可能なため、話題にもなりやすい書籍に仕上がります。
流通は出版社によって異なりますが、商業出版と同じ扱いで流通されれば、書店に平積みされたり有名作家と同じ棚に並ぶ可能性もあり、読者の目につきやすいというメリットがありますね。

ただし、総合出版社はどんな原稿でも出版できるとは限りません。反社会的なテーマを取り扱ったり、誹謗中傷が多いものですと出版を断られる可能性もあるため注意しましょう。

 

自費出版専門の会社で出版するメリット

 

自費出版専門の出版社は、費用を安く抑えられるというのが最大のメリットではないでしょうか。自費出版に特化しているため、費用面では著者の細かいニーズに対応できることが強みでもあります。
原稿の内容に関しても、流通量が少ないぶん規定が緩い会社もあり、他社で出版を断られた原稿でも、取り扱ってくれる可能性があります。

ただし、ネームバリューや流通にはあまり期待できません。
書店に配本されても、店内の奥まった場所の棚に押し込まれているだけ・・・という実態もあるため、私家版か少量でも流通できれば満足、といった方が活用されることをおすすめします。

 

以上のように、出版社によってさまざまなメリット・デメリットがありますが、最後は担当者が信用できる人物か否かが重要です。大切な原稿とお金を託す以上、本当にまかせられる人柄であるかを自分に問い直し、出版する会社を見極めましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント