コラム

  • 2017/05/28 本の書き方を学ぼう

    「読者にとって読みやすい本」はどんな本か?

    近年、読書をしない人が増えています。 全国学校図書館協議会の調査によれば、小・中学生は、読書量が年々増加傾向にあります。 しかし文化庁の調査(平成25年)によれば、月に一冊も本を読まないという大人

  • 2017/05/26 本の書き方を学ぼう

    読書好きの至福のひととき。読書しながらお酒を飲めるお店4選

      カフェでコーヒーや紅茶を飲みながらだと、落ち着いた雰囲気で本を読むことができますよね。 そんな贅沢な時間を過ごしながらお酒も楽しむことのできる、都内のカフェを4店ご紹介します!

  • 2017/05/24 本の書き方を学ぼう

    先輩編集者に聞いた わかりづらい文章の共通点

      自分の経験や、思ってきたことを文章にしたことはありますか?   私たちは義務教育において、文章の読み方は教わってきましたが、書き方はそれほど教わっていないのかもしれません

  • 2017/05/23 著者コラム

    第3回 それでも、新しいほうへ、行こうとする。

      (『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)   早くも、最終回である。最後に拙著『仕事にやりがいを感じている人の働き方、考え方

  • 2017/05/23 著者コラム

    第2回 風を切るように、読み進められる文章。

      (『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)   拙著『仕事にやりがいを感じている人の働き方、考え方、生き方。』に対して「文章が

  • 2017/05/23 著者コラム

    第1回 書き手には、書くことに必然性がある。

      (『仕事にやりがいを感じている人の 働き方、考え方、生き方。』の著者によるコラムです)   今回から計3回にわたり、コラムを書かせていただくことになった。書籍の執筆中に考

  • 2017/05/22 本の書き方を学ぼう

    あなただけの編集者に出会う「書くナビ」とは

      「作家になりたい」「小説家になりたい」「出版してみたい」 ――本が好きな方であれば、一度はそう夢見たことがあるのではないでしょうか。 あるいは、実際に筆を執った方もいらっしゃると思

  • 2017/05/19 本の書き方を学ぼう

    小説を読みやすくするポイントは会話文ではなく「地の文」

    地の文のもつ重要性 「小説を書いてみよう」──そう思い立ったとき、みなさんは何から考え始めますか? 大まかな枠組みを決めたら、いきなり登場人物のセリフを考える方もいるのではないでしょうか。 確か

  • 2017/04/18 本の書き方を学ぼう

    大人になった今こそ読んでほしい児童書3選

      皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書など、たくさんの本を読んできたことと思います。 大人になってから、図書館や本屋で当時

  • 2017/04/17 本の書き方を学ぼう

    あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道

    2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと直木賞とのダブル受賞! テレビのニュースなどで目にした方も多いのではないでしょうか

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。