コラム

  • 2018/12/17 自費出版を知る

    大学教授が出版する書籍の魅力とは

    教育や研究の最高位といえる職階にあたる、大学教授。
    世の中にはありとあらゆる学問書が存在する中で、ずっと研究してきたからこそ他にはない魅力的な書籍をつくることができるのも、大学教...

  • 2018/12/13 自費出版を知る

    自費出版からのベストセラー ~あの有名作家も自費出版からだった~

    あの有名作家は最初から出版社に原稿を見初められてデビューしたのではないか、とイメージされている方も多いと思います。
    しかし、誰もが知っているような有名作家の中にも、自費出版からス...

  • 2018/12/11 自費出版を知る

    意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~

    “完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“
     そういう方、もしかしたら多くいるのではないでしょうか。
     わからないままだったら、せっか...

  • 2018/12/05 自費出版を知る

    出版社から書店へ ~書店で本が並ぶまで~

    皆さまは書店に行かれた際にどのようにして、書店に本が並んでいるのか疑問に思われたことはないでしょうか?出版社から書店に直接本を置いてもらうのではなく、取次を通して全国の書店に配られることとなって...

  • 2018/12/03 自費出版を知る

    文化的著作物を守る「著作権」とは?

    文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生します。
    自己の著作物を他人に勝手に改変されない権利、公表するか...

  • 2018/02/02 自費出版を知る

    なぜ書籍で「告発」「暴露」するのは有効なのか?

    現代では誰もが情報を発信する時代になりました。いつでも、どこでもインターネット、とりわけSNSなどにアクセス、投稿すれば情報を発信できます。にもかかわらず、「告発本」「暴露本」という書籍の類は次...

  • 2017/11/17 自費出版を知る

    狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―

    狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調するものです。
    20年代のアメリカは多岐にわたる新しい大衆消費財...

  • 2017/09/28 自費出版を知る

    読書の秋は本が売れない?~月別に見る本が売れる時期~

    より多くの人に読んでもらいたい、そのような思いを持って執筆されている方が多いと思います。出版社も同じ思いです。では、そのことを実現するためには、より良い作品を作る、タイトルにこだわるといった書籍...

  • 2017/09/15 自費出版を知る

    海外文学をもっと日本へ ~翻訳出版マニュアル~

    昨今、日本でも多くの外国文学が翻訳を通して親しまれています。しかし、読みたい本があっても翻訳されていなくてあきらめる人も中にはいるのではないでしょうか。また、もっと日本の人に読んでもらいたい作品...

  • 2017/08/04 自費出版を知る

    作品の魅力を最大限に引き出す「作家×編集者」の関係

    作家と編集者の関係を描いたドラマ、『重版出来!』が2016年に放送され、話題になりました。

    本ドラマは“作品は漫画家だけの力では売れない現実”をリアルに描きだし、編集者と作家の関...