制作実績

ALONEMAN

「これはかつて神の子だった男の物語だ」

ジャンル
小説
シリーズ
電子書籍のみ
著者
籠池源⾏・著
ISBN
判型
・ページ
出版年月日
2020/7/31
価格
800円+税

目次

内容紹介

「ママ、今日僕は人を殺したよ」
薄暗い部屋の中。罪の意識を抱える神の子・タキオンは、
まもなく自身の魂が堕ちゆくのを自覚していた。
そこに現れた怪しげな男に促され、彼は自身の半生を語りだす……。

■著者紹介籠池 源行(かごいけ もとゆき)
1979年、兵庫県生まれ。兵庫県立三原高等学校卒業。
30歳の頃に父親が他界したことを機に、長年温めてきた本作を執筆する。
迷いはあったものの、電話をいただいた編集の方の熱心な口説き落としと、
同時に亡くなった父を偲ぶことにもなると考え、出版化を決める。

テキストのコピーはできません。