制作実績

仕事で英語が使える日本人を育てるために必要なこと

習うより、慣れよ。

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 教育・学参・受験
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779060922
判型
新書・200ページ
出版年月日
価格
921.8円(税込)

目次

第1章 これでいいのか、日本の英語教育
第2章 言語獲得のメカニズム
第3章 幼児と英語
第4章 始まった「外国語活動」の何が問題か
第5章 さらなる改革への提言
第6章「 生きる力」とは

内容紹介

日本の学校英語教育は明治に始まって以来、試行錯誤の繰り返しであった。
今に至っても、大学卒業まで10年間勉強しても、大半の日本人は英語を話すことができない。
急速なグローバル化が進む今こそ、国家の未来を担う子どもたちへの英語教育に力を注ぐべきだ。
本書では40年以上英語教育に携わってきた著者が、「使える英語力」を育成するための具体的かつ効率的な方法を提言する。

■著者紹介
青森市生まれ。東京女子大学短期大学部英語科卒業。1967年から幼児の英語教育に携わり、並行して地域の子ども文庫活動に参加。ラボ・チューター、ヒッポフェロウを経て、1987年にグロウバル言語文化研究会(2000年からNPO法人)の設立に参加。多言語習得を通しての国際交流活動に力を入れる(研究員・元役員)。設立以来、機関紙「グロウバル」の編集委員。東京都杉並区在住。
著書に絵本『まちをあるいたフルート』(風濤社・全国学校図書館協議会認定図書)、共著に『ようこそ日本へ!』(グロウバル言語文化研究会)、絵本『フーラブラはかせのおもしろランド・こりすのたんじょうび』(グロウバル言語文化研究会・2作品合本)がある。

■トピックス
「TOEIC Test プラス・マガジン」(2014年5月号)に紹介されました。
「朝日新聞」(2014年3月5日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。