制作実績

長生きって迷惑ですか 介護制度の課題と試案

今の日本の介護システムでは誰も幸せになれない。

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 社会・政治
シリーズ
増刷
著者
・著
ISBN
9784779060694
判型
新書・250ページ
出版年月日
価格
921.8円(税込)

目次

序 章 政府案「社会保障と税の一体改革」を考える
第一章 現代の高齢者像と福祉の歴史
第二章 介護保険制度とは何か
第三章 これが介護施設の現状だ
第四章 認知症とその専門老健施設
第五章 これからの介護施設はどうあるべきか
第六章 介護保険制度改善への提言

内容紹介

日本の65歳以上の高齢者人口はついに3000万人を突破。現在の政府・厚生労働省は、「施設介護から在宅介護へ」という方針を打ち出し、介護予防、地域包括ケア、24時間訪問サービス等に力を入れている。しかし、これでは「介護地獄」への逆戻りが心配され、質の高いケアは実現できない。医師として高齢者介護に携わってきた著者がその実態と問題点を指摘し、打開策を提言する。

■著者紹介
1933年東京生まれ。1955年東京大学教養学部理科二類修了。1965年札幌医科大学大学院医学研究科修了後、札幌医科大学第一内科で臨床医として5年間老年医学の診療にあたる。1970年から1年半、スウェーデンのルンド大学医学部に留学。帰国後は、東京都養育院付属病院研究検査部長、岐阜大学教授などを歴任。1997年より特別養護老人ホーム、老人保健施設の診療所長、施設長として5カ所の高齢者介護の現場で働く。2011年に引退し、現在にいたる。

■トピックス
「日経新聞」(2012年12月9日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2012年12月3日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2012年11月25日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2012年11月4日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。