制作実績

優しい日本人がこの国をダメにする

なぜ“Made in Japan”が世界で勝てなくなったのか?

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 社会・政治
シリーズ
その他
著者
小柳津 広志・著
ISBN
9784779060557
判型
新書・204ページ
出版年月日
2011-12-15
価格
838円+税

目次

第一章 日本人の特性とは
第二章 日本に必要な社会システム改革
第三章 教育改革
第四章 産業・科学技術振興政策
第五章 医療・社会福祉制度改革
第六章 雇用制度改革
第七章 税制改革
第八章 政治システム改革
第九章 行政改革
第十章 いくつかの重要な社会システム改革

内容紹介

年間の財政赤字が税収を上回り、デフレ状態は20年も続いている。先進国とは言い難い国民1人当たりのGDP、地方都市の医師不足、毎年3万人を超える自殺者……日本という国は確実に衰退している。その原因は情緒的で「優しい」という国民性にある。本書では、国際競争力を備えた戦略的な国民を育てるために、日本が今後100年間に行うべき具体的な社会システム改革を提唱する。

■著者紹介
1977年、東京大学農学部農芸化学科卒業。文部省学術国際局学術調査官、東京大学大学院農学国際専攻教授等を経て、2003年より東京大学生物生産工学研究センター教授。主な研究テーマは「生物窒素固定系の改変に関する研究」、「藻類からのバイオ燃料生産技術の確立」など。2012年春には編著者として『微細藻類の利用―食料からエネルギーまで―』(成山堂書店)を出版予定。

■トピックス
「京都新聞」(2012年2月5日)で紹介されました。
「朝日新聞」(2012年1月8日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。