制作実績

お寺が救う無縁社会

≪2刷出来≫
孤独、貧困、自殺……。地域再生をかけた挑戦!

ジャンル
社会・政治
シリーズ
増刷 その他
著者
北川 順也・著
ISBN
9784779060403
判型
新書・272ページ
出版年月日
2011-04-20
価格
857円+税

目次

第一章 仏教の社会的活動の歴史と現代のお寺への想い
第二章 人びとに寄り添う都市のお寺
第三章 エンタメで明るく開かれたお寺
第四章 緑の保全に寄与するお寺の空間
第五章 持続可能な社会づくりに向けたお寺のあり方

内容紹介

「無縁社会」という言葉が、流行語にもなっている昨今。貧困を救うはずのセーフティネットは機能せず、自殺者が減らない状況は一向に改善しない。いきすぎた資本主義が地縁・血縁を断ち切り、孤独な個人だけが存在する社会で、お寺の存在が救世主になりえる可能性を探る

■著者紹介
1947年、東京都生まれ。大正大学大学院修士課程修了。浄土宗開教使としてロスアンジェルスの浄土宗北米別院に勤務後、私立学校法人本部事務局勤務。現在は仕事のかたわら法政大学大学院環境マネジメント研究科にて「持続可能な社会とお寺」について研究中。

■トピックス
「朝日新聞」(2011年7月3日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2011年6月19日)で連合広告が掲載されました。
「日経新聞」(2011年5月22日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2011年5月8日)で連合広告が掲載されました。
「朝日新聞」(2011年5月1日)で紹介されました。
「日経新聞」(2011年4月17日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。