制作実績

どうせ払うなら住民税より環境税

地球環境問題、国債残高削減、景気回復のための税金大改革

ジャンル
幻冬舎ルネッサンス新書 社会・政治
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779060137
判型
新書・232ページ
出版年月日
価格
921.8円(税込)

目次

第一章 環境税とは何か
第二章 税金のここがおかしい!
第三章 環境税の仕組み
第四章 環境税が日本と世界を変える!

内容紹介

「住民税を全廃して環境税を導入」。公認会計士かつ税理士の著者が編み出した、全く新しい税金の仕組みである。この環境税導入が実現すると、地球環境問題、日本の財政問題、そして景気の問題を同時に解決することができる。増減税ゼロで環境を守り、財政破綻の危機から日本を救う税金大改革の全容が今、明かされる!

■著者紹介
昭和33(1958)年千葉県市川市に生まれる。明治大学商学部商学科卒業。監査法人朝日会計社(現あずさ監査法人)を経て、現在、赤塚公認会計士事務所代表。理法監査法人代表社員。公認会計士。税理士。

■トピックス
「週刊 経営財務」(2010年8月23日 No.2927)で紹介されました。
「日経新聞」(2010年7月25日)で連合広告が掲載されました。
「北國新聞」(2010年7月4日)で連合広告が掲載されました。
「読売新聞」(2010年7月2日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。