制作実績

虹を生むひと

喪失と絶望から、人はいかにして救われるのか?

ジャンル
単行本 ノンフィクション
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779011191
判型
4-6・224ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

まえがき──ハワイの虹
Ⅰ カエルくんとわたし
  ロドリーゴ、光の桃……前世療法体験
Ⅱ アルザス・地球でただ一つの結晶を探す旅
  ベルリン・傷跡が虹に変わる街で
Ⅲ 花も実もあるウソを書け
  ラクリメ
Ⅳ グラストンベリーの虹

内容紹介

生きることは傷を負うこと―。中期子宮体がんを宣告され、闘病を続けてきた著者。その間、師を失い、母親を看取るなど、絶えず死と悲しみに満ちた日々を送ってきた。忍び寄る死と生への渇望。揺れ動く彼女を支えたのは、聖地を旅する中で体験した「虹」の存在だった。ハワイ・キラウエア火山から、イギリス・グラストンベリーへ。生と死に向き合い続けてきた中での7つの体験を、水晶のような透徹した眼差しで描き、「生きていること」の本質に迫ったノンフィクション。

■著者紹介
東京都立大学人文科学研究科修士課程独文学専攻修了。単行本編集者、ライターとして勤務後、ベルリンに2年在住。その後、ドイツと日本の往復生活を送る。2008年に中期の子宮体がんを告知される。

■トピックス
「anemone」(2014年10月号)で紹介されました。
「日経新聞」(2014年8月24日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。