制作実績

慈しみに満ちた人、ブッダ

苦しむ人は幸せになれる。慈しむ人はもっと幸せになれる。

ジャンル
単行本 人文・思想
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779010934
判型
4-6・192ページ
出版年月日
価格
1540円(税込)

目次

内容紹介

幸せになるためにはどうすればよいのでしょうか。生きていれば幾多の困難にぶつかり、人間関係に苦しむ。そのようなときに、人生に明確な指針を与えてくれるのがブッダの教えです。なかでも、「どんな相手にも慈しみの心を失わずに対応せよ」という教えは、人間性の限界に挑む教えともいえますが、自分の苦悩を乗り越えるに留まらずここには自他をともに救う道が示されています。憎しみを抱く相手を慈しむことは難しいことですが、これこそが業を後に残すことなく、安らぎの境地に達する道でもあります。もしここで相手を許し慈しまなければ、自分の悪い業で自分自身が縛られて苦しみが続きます。これがブッダの根本思想なのです。苦しみから逃れ、心の安らぎを得ることがニルヴァーナ(涅槃)です。その実践が人を真の幸せに導きます。このブッダの説く幸せになる方法がよくわかる仏教入門書。

■著者紹介
昭和7年3月26日生まれ。昭和29年3月、奈良県立奈良高等学校卒業。以後、芳徳園(茶業)を営む。そのかたわら社会活動にも取り組み、日本赤十字社金色有功章を受章。

■トピックス
「日経新聞」(2014年9月21日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。