制作実績

完全決着! 邪馬台国

数世紀にわたる邪馬台国論争、ここに終結す!

ジャンル
単行本 歴史・地理
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779010781
判型
4-6・144ページ
出版年月日
価格
1320円(税込)

目次

内容紹介

現在、邪馬台国の所在地については、九州説よりも畿内説が有利になっている。この理由の一つとして、九州説を支える「短里説」に大きな弱点があることが考えられる。この「短里説」に替わる考え方として、本書では、魏志倭人伝に記述された邪馬台国への道程がすべて五倍されていると考える、「旅程距離五倍の法則」を提唱する。これにより、短里説では不可能な不弥国から邪馬台国への日数で書かれた距離の短縮が可能となる。さらに、魏志倭人伝解明には大きな山がある。魏志倭人伝の旅程距離のほとんどは里数で記されているのに、なぜ不弥国から邪馬台国までの距離だけが日数で書かれたか、という問題だ。本書ではこの問題にも明確な答えを導き出すことができた。この部分だけ日数で書かれたことには、重要な理由が隠されていたのである。そして、このことが「旅程距離5倍の法則」が真理であることを証明することになるのである。

■著者紹介
昭和36年、鳥取県に生まれる。昭和60年、北里大学医学部卒業。同年、鳥取大学医学部第一内科入局。高血圧研究に従事。平成4年、医学博士号授与(鳥取大学)。平成12年、鳥取県にて内科診療所開院。

■著書
『大和朝廷成立の謎 古代出雲王国から邪馬台国へ』(2012年10月小社刊)

■トピックス
「日経新聞」(2014年3月23日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。