出版実績

サラリーマンの幸せスイッチ

人生を面白くするためのヒントが詰まった痛快エッセイ

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779010705
判型
4-6 ・ 200ページ
出版年月日

内容紹介

もちろん、仕事は大事だ。でもそれだけで本当に「幸せ」なのか? 働いて、働いて、仕事や家庭の悩みも心の中にしまいこみ、過ごす毎日。会社で働く人たちは、毎日悩みながら頑張っている。家に帰れば妻との口喧嘩、娘の受験、無口な息子とのコミュニケーションなど、家庭でもさまざまな問題を抱えている。それでも、サラリーマンは前に進まなければならない。くじけそうな気持ちを支えてくれたあの言葉、苦しみながらも楽しかった思い出を力に変えて、日々の生活を輝かせようと努力している。そんなつまらないサラリーマン・ライフの中にも、視点を切り換えればきっと素敵なことが見つかる。前に進むために必要な心の栄養は、実は身近なところに潜んでいるのかもしれない。会議や飲み会の無駄話も見方を変えれば意外なことが見えてくる。現役サラリーマンがあなたの日常を変える「発想の転換法」を教えます。

■著者紹介
1964年東京都生まれ。小学校を3回転校。大学卒業以来、サラリーマン歴28年。その間に転勤2回、転職1回、十二指腸潰瘍数回。中学生のときに北杜夫『どくとるマンボウ青春記』を読んで作家になりたいと考える。大学生のときに椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ』を読んで、作家を志す。会社員になり、村上春樹『村上朝日堂』を読んで、やっと書き始める。「現役サラリーマンの、現役サラリーマンによる、現役サラリーマンのためのエッセイ」を執筆。

書籍を購入

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • amazon
  • 楽天ブックス

あなたも出版してみませんか?
お気軽にご相談ください。

03-5411-7188

営業時間:平日10:00〜18:30

テキストのコピーはできません。