制作実績

バーのカウンターから見た素顔の中国
広州夜話

広州のバーで働く李利が教える、中国の“等身大”の魅力。

ジャンル
単行本 文学・評論
シリーズ
その他
著者
・著
ISBN
9784779009914
判型
4-6・336ページ
出版年月日
価格
1650円(税込)

目次

内容紹介

広州にある日本人向けカウンターバー「羊城(ヤンチャン)」。単身赴任中の筆者は毎夜バーを訪れ、そこで働く中国娘・李利と軽妙な会話を楽しむ。話題は、現在でもなお中国で愛されている漢詩の世界や、食文化、暮らしぶり、考え方など多岐にわたる。そこからは見えてくるのは、ごく一般的な中国人たちの、健気で逞しく心豊かな姿だ。主人公は中国への理解を深めていくうちに、聡明で真直ぐな李利にも惹かれはじめ……。中国にまつわる薀蓄をストーリー仕立てで楽しく学べるオムニバス。

[内容一例]
◎広州の春は蚊の季節。孟浩然の有名な詩が現地では、
「春眠不覚暁(春眠あかつきを覚えず)
 処処蚊子咬(あちこち蚊に食われる)」
 の替え歌で流布。
◎中国式食べ合わせでは、ほうれん草と豆腐を一緒にとると食あたりを起こす
◎餃子は別離のときに食べるもの、歓迎会では食べてはいけない
◎親指を立てるポーズは「大便をする」の意
◎「東洋」という言葉は日本の蔑称……ほか

■著者紹介
1955年、東京都生まれ。1975年、国立東京高専電子工学科卒業後、電機メーカー入社。2002年~04年にかけて、オハイオ州駐在。2007年に電機商社に転籍、2011年~12年にかけて中国広州駐在。

■トピックス
「日経新聞」(2013年9月22日)で連合広告が掲載されました。

テキストのコピーはできません。